158商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

ヤラードッグフードの口コミ評判は?原材料や安全性なども評価!

欧州3ヶ国でオーガニック認証を取得しているオランダ産のドッグフード「ヤラー」。

「オーガニックドッグフードと言えばヤラー」と言われるほど、オーガニックのペットフードにこだわる愛犬猫家たちの間ではもはや定番の商品であります。

ここでは、ヤラーの原材料や安全性などについて評価していきたいと思います。

項目 詳細
商品ランク Aランク
※S~Eランクは【全158商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
主原料 5.0
栄養バランス 5.0
無添加 5.0
安全性 5.0
コスパ 3.5
内容量 600g、2kg、5kg、10kg
※オーガニックドッグフードチキンの場合
価格 2,229円(600g)
4,460円(2kg)
8,685円(5kg)
19,980円(10kg)
※Amazon参考価格
目的 総合栄養食
タイプ ドライフード/ウェットフード
対応年齢 全年齢対応
原産国 オランダ
運営者からの評価

当サイトは、ヤラーをAランクと評価しました。

ヤラーの素晴らしい点は、使っている原材料も完成したフードそのものも「オーガニック」と名乗ることが認められていることです。さらにヤラーはオーガニック認証を4つ取得しており、これだけ多くの認証マークを取得しているドッグフードは他に例がないでしょう。

品質管理もトレーサビリティーも申し分ありません。その分お値段も張りますが、ちゃんとしたオーガニックドッグフードを愛犬に食べさせたいと考える人にはとてもおすすめできるドッグフードです。

実際にヤラードッグフードのサンプルを取り寄せてみました!

ヤラーの粒やフードの匂いなどを確かめるべく、今回ヤラーの公式サイトからトライアルパッケージを取り寄せてみました。

犬用ヤラーのトライアルパッケージは「小型犬用」しか取り寄せられないようで、我が家は中型犬ということもあってか通常の2倍(6袋)届きました!

↑パッケージ裏はこんな感じ。賞味期限シールが貼ってあります。

表面のシールには原材料や保証成分値など基本的な情報があります。

袋を開けてみましょう。

ヤラーの小型犬用はとてもいい香りがります。ドッグフード特有の匂いや油が酸化したような匂いはありません。

実際にこうやって手に持っていても、油っぽさを感じることはないです。

粒の大きさはこんな感じ。さすが「小型犬用」とあって、粒も直径約7mmと小さいです。

厚みもそこまでないので、口の小さな小型犬でも食べやすそうですね。

それでは次に、ヤラーの原材料と安全性を見ていきたいと思います。

ヤラードッグフードの原材料と安全性について評価!

まず初めに、ヤラーの原材料と安全性についてです。ここでは「オーガニックドッグフードチキン」を評価してみました。

あくまでも私の基準ではありますが、何を使っているのかよく分からない原料、犬の体に良くない原料は赤色で示しています。

鶏肉*、全粒オート麦*、トウモロコシ*、全粒小麦*、鶏脂*、大豆外皮*、ニシン、えんどう豆*、乾燥豚レバー*、ひまわりの種皮*、イースト、ビタミン類(VC、VB3、VB12、VA、VB2、VK、VB1、VD3、パントテン酸、塩化コリン、硫酸カリウム、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(炭酸カルシウム、塩化ナトリウム、硫酸亜鉛 硫酸鉄、酸化マンガン、硫酸銅、ヨウ化カリウム、亜セレン酸ナトリウム)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物、ビタミンE)
※「*」 がついている原料はオーガニック認証を受けているものです。
粗タンパク質 26% 水分 8.0%
粗脂肪 12.5% 炭水化物 42.5%
粗灰分 6.5% 代謝エネルギー 346kcal/100g
粗繊維 4.5%

ヤラーの定番ドッグフードでもある「オーガニックドッグフードチキン」ですが、ニシン、イースト、ビタミン類、ミネラル類、酸化防止剤以外はすべてオーガニック認証(認証率97%=EKO認証)を受けた原材料なんですね。

トウモロコシや全粒小麦については、体質に合わない子も多いので高く評価できない飼い主さんも少なくないかもしれません。

ただ、ここで使われている穀類は、よくあるカサ増し用の穀類ではないので誤解しないようにしましょう。肥料にもこだわって大事に育てられた穀類であり、丁寧に栽培・調理されて犬の大切な栄養源として役立っています。

もしもアレルギーなどの理由から穀類の使用が気になる場合は、ヤラーの「グレインフリー」を利用されるといいでしょう。こちらには小麦や米などは使われていません。

それと、さすがヤラーは4つのオーガニック認証を取得しているだけあって、使用している原材料には残留農薬・ホルモン剤・抗生物質などが含まれていないんですね。

こういった物質が原因でアレルギーが起きてしまう犬も少なくないですから、何がアレルゲンになっているの解明できない時はヤラーを利用してみるのも1つの方法です。

他にも、ヤラー社とヤラーの日本総販売元である株式会社イシイは、環境保全と動物福祉にも貢献されています。

まさにお手本にすべきペットフードメーカーと代理店と言っても過言ではなく、最後はこのようなメーカーが高く評価され、生き残るのではないかと私は考えています。

ヤラーはこんな犬や飼い主におすすめ!
  • 残留農薬・ホルモン剤・抗生物質などでアレルギーが出る犬。
  • 鶏肉や豆類アレルギーがない犬。
  • お肉が食べられない犬(オーガニックドッグフードベジタリアンがある)。
  • オーガニック原料にこだわったフードを探している人。
  • ドッグフードにお金をかけられる人。
  • 品質管理やトレーサビリティが徹底されたドッグフードを探している人。

ヤラードッグフードの口コミや評判ってどうなの?

ヤラードッグフードの良い口コミ

雑種犬10歳 / オス
4.5
我が家の愛犬は肉アレルギーがあるため、こちらのベジタリアンは欠かせません。肉類を使っていないフードそのものが少ないので、これがなくなると大変困ります。
ミニチュア・ダックスフンド7歳 / メス
5.0
お値段は高いですが、心から安心して使用できる商品です。変なにおいもありませんし、うちの子(小型犬用)も食べやすい粒の大きさなので助かってます。ヤラーに替えてから毛のツヤも良くなりました。
柴犬6歳 / オス
5.0
アレルギー持ちのうちの子にはヤラーがとても合っているようです。下痢もしにくくなったし、カロリーも低めなで体重管理もしやすいです。
フレンチ・ブルドッグ10歳 / オス
4.5
我が家のフレブルは皮膚炎を抱えていましたが、ヤラーのシニアに切り替えてから症状が良くなってきています。
ラブラドール・レトリバー4歳 / メス
5.0
オーガニック認証マークがついているので安心して利用できます。匂いも良美味しそうだし、フード独特のベタつきもなくてお気に入りです。

ヤラードッグフードの悪い口コミ

トイ・プードル7歳 / メス
4.0
オーガニックでしかもグレインフリーということで、愛犬に安心して与えることができる数少ないドッグフードです。ただ、粒がやや大きくてうちの愛犬(トイプードル)は食べづらかったようです。

ヤラー(グレインフリードッグフード)の口コミ・評判まとめ

ヤラーの口コミはそう多くありませんが(古い口コミはたくさんある)、全体的にとても高い評価のついているドッグフードであることが分かりました。

愛犬に実際食べさせていている飼い主さんたちの声を見ると、「毛ツヤが良くなった」「皮膚の状態が良くなっている」「安心して食べさせられる」といった好意的な声が圧倒的に多かったですね。

あとは、「ヤラーのように環境や動物にやさしいドッグフードが日本でもっと増えてほしい」といった口コミもありました。これには私も同感です。

ちなみに、ヤラーに関してはこれといって悪い口コミはなかったです。あってもお店の対応や梱包の仕方など、フードとは関係ないマイナス評価でした。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

公式オンラインショップ Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入 1,760円(600g)
5,184円(2kg)
11,340円(5kg)
21,578円(10kg)
1,760円(600g)
4,460円(2kg)
8,685円(5kg)
19,980円(10kg)
1,760円(600g)
5,184円(2kg)
11,340円(5kg)
21,578円(10kg)
送料 5,000円以上は無料 関東は無料 店舗により異なる

どこでヤラーを買うのがもっとも安いのか?ヤラー総輸入代理店イシイの提携ショップ「ルシアン」を基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

ヤラードッグフードの価格がもっとも安いのはAmazon!

ヤラーの価格を比較調査したところ、もっとも安い価格で購入できるのはAmazonであることが分かりました。

公式オンラインショップ「ルシアン」と楽天で販売されているヤラーの価格と比べると、Amazonは1,000~2,000円ほど安いです。

ヤラードッグフードを安全に購入したいなら「ルシアン」で!

Amazonと楽天にあるヤラーの口コミをそれぞれ見ると、「商品が届かない」「賞味期限が間近」「梱包が雑」といった声が結構あったんですね。

必ずしもこういったトラブルに遭遇するわけではありませんが、より安全にヤラーを購入したいなら、ヤラー総輸入代理店イシイの提携ショップ「ルシアン」を利用するのが間違いないでしょう。

ヤラードッグフードと私の愛犬が食べているモグワンを比較してみました!

項目 モグワン ヤラー(オーガニックドッグフードチキン)
主原料 チキン&サーモン53%(どちらも生肉と乾燥肉を使用) 鶏肉・全粒オート麦・トウモロコシ(すべてオーガニック)
穀物 グレインフリー 全粒オート麦・トウモロコシ・全粒小麦(すべてオーガニック)
タンパク質 28% 26%
脂質 12% 12.5%
代謝エネルギー
(100gあたり)
344kcal 364kcal
内容量 1.8kg 2kg
価格 3,564円 7,452円
当サイト評価 Sランク Aランク
※モグワンは定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

私がいつも愛犬に食べさせているモグワンとヤラーにはどのような違いがあるのかを比較してみました。

まず最初に言えることは、モグワンもヤラーも使っている原材料の質やコンセプトがまったく異なります。

モグワンは確かに品質管理の行き届いた良好なドッグフードですが、オーガニックの原料を使っていませんし、ヤラーのようにオーガニック認証を取得しているわけでもありません。

それに対し、ヤラーは4つのオーガニック認証を取得しています。さらに環境保全や動物福祉の向上にも貢献している動物にも地球にもやさしいドッグフードなので、こういったところもモグワンとははるかに違うんですね。

もちろんモグワンも原材料の使い方などいろいろ工夫されていますが、使用している原料に残留農薬・ホルモン剤・抗生物質の心配がまったくないフードを選びたいなら間違いなくヤラーでしょう。

大事なのは、愛犬の体が喜ぶドッグフードを選んであげることです。それぞれの違いをよく比較しながら、愛犬に合ったフードを選ばれるといいでしょう。

ヤラードッグフードの種類と特徴について

犬用のヤラーは、ドライフード、ウェットフード(缶詰/アルミトレイ)、おやつの3タイプがあります。

それぞれどんな特徴があるのかを、タイプごとに簡単にまとめてみました。

ドライフード

商品名 対象 特徴
オーガニックドッグフードチキン 成犬~シニア犬 ヤラーのスタンダード商品で、お肉の配合率は全体の24.5%。とくに食物アレルギーなどを抱えていない犬に合わせやすい。
オーガニックドッグフードグレインフリー 成犬 穀物アレルギーに配慮して小麦や米などの穀物を使わないドッグフード。お肉の配合率が全体の26%と、他のヤラードッグフードに比べてオーガニックチキンの配合量が多くなっている。
オーガニックドッグフード小型犬専用 生後8ヶ月~7歳の小型犬 直径7mmの小粒サイズで作られたドッグフード。原材料もお肉の配合率も「オーガニックドッグフードチキン」と全く同じだが、小型犬に合わせてタンパク質・脂質・カロリーがやや高めになっている。
オーガニックドッグフードパピー 高エネルギーを必要とするすべての犬 成長期の子犬をはじめ、妊娠犬、運動量の多い小型犬、何らかの事情で栄養価の高い食事を必要とする犬に合わせるドッグフード。肉の配合率は22%とやや少なめになっている。
オーガニックドッグフードシニア シニア犬 シニア犬が必要とする栄養素を盛り込んだドッグフード。DHAやEPAが豊富な青魚(ニシン)をはじめ、ハーブ(ローズヒップやトクサなど)を配合している。お肉の配合率は全体の19%で、脂質も9%と低め。
オーガニックドッグフードセンシティブ 消化器系が弱い犬 消化機能があまり良くない犬、小麦アレルギーのある犬、運動量の少ない犬などに合わせるオーガニック認証率100%のドッグフード。胃腸に負担のかかりにくい食材が使われていて、低脂肪・低カロリー設計になっている。
オーガニックドッグフードベジタリアン 肉・魚アレルギーのある犬 肉や魚などの動物性原料を一切使わず、植物性原料のみで作られたオーガニック認証率100%のドッグフード。動物性原料アレルギーを抱える犬、消化器系が弱い犬、週に1~2回はヴィーガンを取り入れたいと考える飼い主に適している。
ドッグフードグレインフリー 小粒 運動量の多い犬 穀物アレルギーに配慮して小麦や米などの穀物を使わないドッグフード。「オーガニックドッグフードグレインフリー」よりも高タンパク(32%)なので、運動量の多い犬に適している。

ウェットフード(アルミトレー)

商品名 特徴
チキンのドッグチャンク オーガニックチキンを全体の50%に配合したフード。抗酸化作用や抗腫瘍作用のアロエベラを配合しているのが特徴。
チキンと野菜のドッグチャンク オーガニックチキンを全体の53%に配合したフード。野菜もバランスよく補いたい時に利用しておきたい。
チキンと海藻のドッグパテ オーガニックチキンとビーフを全体の55%に配合したフード。牛肉でアレルギーが出ない犬に適している。
ビーフとスピルリナのドッグパテ オーガニックビーフとチキンを全体の55%に配合したフード。牛肉がメインになっていて、免疫力向上や整腸作用などの働きがあるスピルリナが配合されている。
ベジタリアンドッグチャンク 動物性原料を一切使わないフード。メイン食材が大豆なので、大豆アレルギーのある犬には注意しておきたい。

ウェットフード(缶詰)

商品名 特徴
ドッグディナーチキン パテ缶 オーガニックチキン・豚肉・ビーフを全体の53%(鶏肉19%・牛肉33%)に配合したペースト状のフード。離乳食が必要な子犬や消化機能が低下している犬に適している。流動食のベースにも使いやすい。
ドッグディナーチキン チャンク缶 オーガニックチキンを全体の37% (鶏肉31%・ターキー6%)に配合したフード。お肉の食感を楽しみたい犬におすすめ。
ドッグディナービーフ チャンク缶 オーガニックチキン・ビーフ・豚肉全体の37%(鶏肉27%・牛肉10%)に配合したフード。お肉の食感を楽しみたい犬におすすめだが、小麦アレルギーがある犬には控えた方が良い。

おやつ

商品名 特徴
ミニバイツ(オーガニックジャーキー) オーガニック牛肉・乾燥豚レバー・鶏肉を使ったスナックタイプのおやつ。3種の肉が使われているので、食物アレルギーがある犬に与える際は注意。
マルチドッグビスケット 動物性原料を一切使わないベジタリアン用のおやつ。小型犬でも食べやすいよう小さい形になっている。カロリーが低くてヘルシーだが、小麦とトウモロコシが合わない犬に与える際は注意。
ベジタリアンドッグビスケット 動物性原料を一切使わないベジタリアン用のおやつ。中・大型犬でも食べやすいよう大きい形になっている。カロリーが低くてヘルシーだが、小麦とトウモロコシが合わない犬に与える際は注意。

ヤラードッグフードのQ&A

ヤラードッグフードにはお試しサンプルってある?

ヤラーを初めて購入する人に限り、公式サイトからヤラーのお試し商品(トライアルパッケージ)を申し込むことができます。

ドッグフードは「小型犬専用(300g)」しか試すことができませんが、食いつきや便の具合などを見るだけなら十分かと思います。猫も飼っている場合は、同時に猫用のヤラー「グレインフリーキャットフード(200g)」も申し込むことができますよ。

ヤラードッグフードの基本情報
内容量 600g、2kg、5kg、10kg
※オーガニックドッグフードチキンの場合
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 2,538円(600g)
7,452円(2kg)
16,200円(5kg)
30,780円(10kg)
※Amazon参考価格
日本総販売元 株式会社イシイ
公式サイト https://ishii1969.com/yarrah/
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で158商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全158商品】ドッグフードの総合ランキングを見る