158商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

【安全性や評価は?】ソルビダドッグフードを買った私の口コミ評判!

ソルビダ(SOLVIDAは、オーガニック原料を贅沢に使用したアメリカ生まれのドッグフードです。そんなソルビダの安全性や口コミ評判は実際のところどうなのでしょうか?あらゆる点を徹底的に分析していきます!

項目 詳細
商品ランク Bランク
※S~Eランクは【全158商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
主原料 4.5
グレインフリー 4.0
無添加 4.5
安全性 4.0
コスパ 3.5
内容量 900g、1.8kg、3.6kg、5.8kg
※室内飼育成犬用の場合
価格 2,160円(900g)
3,780円(1.8kg)
7,020円(3.6kg)
10,260円(5.8kg)
※Amazon参考価格
100gあたり価格 210円
対応年齢 全年齢対応
原産国 アメリカ
編集部からの評価

ソルビダは、当サイトでBランクのドッグフードです。原材料の大半にオーガニック原料を使用し、人工添加物や粗悪な原料などを一切含まない良好なドッグフードであることが分かりました!ただ、ソルビダは栄養価が全体的に低めとなっています。運動量が少ない室内犬には確かに向いていますが、一般的な活動犬やエネルギー消費量の多い犬には物足りない内容なので注意しましょう。品質や安全性はとても良好ですよ!

実際にソルビダドッグフードを購入してみました!

さて、我が家でも早速ソルビダを購入してみました!今回レビューするのは「室内飼育成犬用(インドアアダルト)」の900g。

ソルビダは1種類(成犬用 中粒)を除くすべてのドッグフードが「室内犬用」となっていて、全体的にタンパク質やカロリーが控えめになっている特徴があります。

まずはパッケージ裏のチェックを。ソルビダの特徴が分かりやすく書かれていますね。酸化防止剤についてもちゃんと説明があって好印象です。

ちなみに原材料や保証成分値はパッケージ脇に書かれているので、この後に解説する「原材料と安全性の分析」でお見せしますね。

それでは次に、袋を開封していきましょう!

ソルビダにはちゃんとジッパーが付いています。しかもマジックテープっぽい特殊なジッパーになっていて、通常のジッパーよりも閉じやすいです!これはありがたい!

そして粒やフードのニオイはというと…

なかなかいい匂いです!全然臭くないですし、例えるならスナック菓子のような匂いがほんのりするすくらい。油っぽさもほとんどと言っていいほどありません。

粒の大きさは実際に定規と照らし合わせると分かりやすいかと思うので、我が家でいつも食べさせているモグワンと並べて比較してみました!

超小粒タイプが好みの犬にはソルビダの方が向いていますが、そうじゃなければモグワンくらいでもちょうど良さそうな気もしますね。

それでは次に、ソルビダの原材料と安全性について徹底分析していきましょう!

ソルビダドッグフードの原材料と安全性を徹底分析!

次に、ソルビダの原材料と安全性について分析していきたいと思います。ここでも「室内飼育成犬用(インドアアダルト)」に注目してみました。

そして当サイトの基準で、危険なものは赤危険じゃないけど気になるものは緑で表示しています。

オーガニックチキン生肉、乾燥チキン、オーガニック挽き割りオーツ、オーガニック挽き割り大麦、オーガニック乾燥豆類天然フレーバー、オーガニック挽き割り玄米、鶏脂肪*、乾燥トマト繊維、オーガニックひまわり油*、オーガニック挽き割りフラックスシード、乾燥ビール酵母、サーモンオイル*、チキン軟骨(グルコサミン、コンドロイチン源)、乾燥ブルーベリー、オーガニック乾燥アルファルファ、オーガニック乾燥ひまわりの種、オーガニック乾燥かぼちゃの種、オーガニック乾燥にんじん、乾燥ブロッコリー、加水分解酵母(マンナンオリゴ糖源)、レシチン、乾燥チコリ根(イヌリン、フラクトオリゴ糖源) 、乳酸、 乾燥セージ、ユッカフォーム抽出物、ガーリックパウダー、ミネラル類(炭酸カルシウム、塩化カリウム、食塩、亜鉛、鉄、セレニウム酵母、銅、コバルト、マンガン、ヨウ素酸カルシウム)、ビタミン類(塩化コリン、ビタミンE補助食品、ナイアシン補助食品、ビタミンB1硝酸塩、d-パントテン酸カルシウム、ビタミンB6、リボフラビン補助食品、ビタミンA補助食品、ビタミンD3補助食品、ビオチン、ビタミンB12補助食品、葉酸、L-アスコルビン酸-2-ポリリン酸塩(ビタミンC源))、プロバイオティクス微生物(イースト菌、乳酸菌、麹菌、糸状菌、枯草菌)、酸化防止剤(ミックストコフェロール)

4D 香料
粗悪成分 着色料
危険成分 保存料
やや危険成分 酸化防止剤 ミックストコフェロール
タンパク質 22%以上 水分 10%以下
脂質 12%以上 オメガ6脂肪酸 1.7%以上
粗繊維 5.5%以下 オメガ3脂肪酸 0.3%以上
粗灰分 7.5%以下 代謝エネルギー 340kcal/100g

乾燥チキン

ここで使われている乾燥チキンは、人間が食べられる部位(胸肉やモモ肉)を乾燥させて粉状にしたものです。トサカや内臓といった副産物は一切使われていません。

オーガニック乾燥豆類

「豆類」と書かれているだけで、実際は何の豆が使われているのか分かりません。「室内飼育子犬用(インドアパピー)」に大豆が使われているので、恐らく大豆も含めた数種の豆が使われていると思われます。

天然フレーバー

天然フレーバーなので危険な成分ではありませんが、何を使用しているのか不明です。本当に新鮮な食材を使っていれば敢えて添加する必要はありません。

編集部からのひとこと

ソルビダは、原材料の70%がオーガニック食材です。人工添加物や粗悪な原料などは含まれておらず、市販品の中でも比較的安全性の高いドッグフードであることが分かりました!

ただ、植物性タンパク質の量がやや多いような気がします。植物性タンパク質は犬にとって消化しづらいタンパク質なので、もうちょっと減らして動物性タンパク質が多かったら良かったですね。

ソルビダは室内犬向きに開発されていますから、もしかしたらそういった犬に合わせるために植物性タンパク質を増やしているのかもしれません(タンパク質やカロリーを抑えるため)。

あとは豆類天然フレーバーといった、できれば入っていない方が望ましい原料がいくつか入っている点が気になります。豆類もオーガニックではありますが、種類が分からないのはちょっといただけないですね。

とはいうものの、ソルビダは全体的にとても良好なドッグフードです!せっかくオーガニック原料を使用しているからこそ、もうちょっと細かい情報を提供してくれればもっと安心できるのになぁとは感じました。

ソルビダドッグフードの口コミや評判ってどうなの?

実際にソルビダを愛犬に与えている飼い主さんの感想はどうなのでしょうか?口コミや評判をまとめてみました!

ソルビダドッグフードの良い口コミ

チワワ4歳 / メス
4.0
便が臭いうちのチワワにと思い、ソルビダを購入してみました。与え始めてから2ヶ月弱ですが、室内での便臭がだいぶ改善されています。しかも軟便も改善されました。ドッグフードそのものも臭くないので与えやすいです。食いつきも良いのでしばらく続けてみます。
フレンチ・ブルドッグ6歳 / オス
5.0
ソルビダとシュプレモをローテーションで与えています。この2種にしてから吐くことがなくなり、下痢もしなくなりました。以前は食糞をする時もあったのですが、今はする気配もないです。ほんと助かります。
マルチーズ12歳 / メス
4.5
涙やけとアレルギー対策のために使い続けてもう1年です。他のフードをあげると目やにや涙やけがひどくなるのですが、こちらに戻すと症状がおさまります。うんちの臭いも軽減されました。値上げはしないでほしかったけど…。

ソルビダドッグフードの悪い口コミ

柴犬7歳 / メス
2.0
なぜ「室内飼育成犬用」と分ける必要があるのか分からない。便臭対策のため?それなら人間の勝手な都合だと思うのだが…。実際に我が家のワンコに与えてみたが、やはり食いつかない。この手のドッグフードは大抵食いつきが悪い。
トイ・プードル11歳 / オス
1.0
ソルビダの評判を聞いて購入。ところがうちの子には合わなかったようで涙やけが以前よりもひどくなりました。しかもうんちが柔らかくなってしまい、散歩中に拾うのもやっとといった感じ。オーガニックでも合わない子は合わないんだと思います。
ポメラニアン3歳 / オス
2.0
すごく食いつきが悪いです。アーテミスやモグワンは問題なく食べてくれるのですが、これはダメです。とりあえず茹でた鶏肉をトッピングしています。こうも食いつきが悪いと安全性に疑問を感じるので、たぶんリピートしません。

ソルビダドッグフードの口コミ・評判まとめ

ソルビダの口コミを分析したところ、良い評価をしている飼い主さんが多いものの、イマイチな評価をしている飼い主さんも結構いることが分かりました。

良い評価としては「食糞が治った」「便臭や涙やけが改善された」「うんちの状態が良くなった」といった口コミが多かったです。あとは「オーガニックの原料を使ってる」という点に満足している方も多いようですね。

しかしその一方で「食いつきが悪い」といった口コミも目立ちました。オーガニック素材を使ったドッグフードは嗜好性が下がりやすい傾向にあるため、もしかしたらオーガニックが初めての犬だったのかもしれませんね。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

どこでソルビダを買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入 2,160円(900g)
3,780円(1.8kg)
7,020円(3.6kg)
10,260円(5.8kg)
2,160円(900g)
3,780円(1.8kg)
7,020円(3.6kg)
10,260円(5.8kg)
2,160円(900g)
3,780円(1.8kg)
7,020円(3.6kg)
10,260円(5.8kg)
送料 5,400円以上は無料 無料 無料

ソルビダドッグフードはAmazonか楽天での購入がお得!

調査した結果、ソルビダはAmazonか楽天で購入した方がお得であることが分かりました。

ちなみに公式サイトの場合は「PoshPet Club」というペット用品販売サイトにアクセスできるようになっていて、そこで商品を購入するシステムになっています。

3サイトとも値段は同じですが、楽天とAmazonはどのサイズを選んでも送料無料なのでお得です。PoshPet Clubは総額5,400円以上にならないと無料になりません。

ソルビダドッグフードと当サイト一押しのモグワンで比較!

人気商品モグワンとソルビダにはどのような違いがあるのか、「内容量」「価格」「メイン食材」「穀物類」「添加物」などを比較してみました!

項目 モグワン ソルビダ
内容量 1.8kg 1.8kg
価格 3,564円 3,780円
100gあたりの価格 198円 210円
メイン食材 チキン&サーモン53% オーガニックチキン生肉・乾燥チキン
穀物 グレインフリー オーツ・大麦・玄米(すべてオーガニック挽き割り)
添加物 無添加 無添加
当サイト評価 Sランク Bランク
※モグワンは定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

ソルビダとモグワンですが、どちらも人工添加物や副産物を含まない良好なドッグフードです。当サイトとしてはどちらも素直におすすめできる内容となっています。

選び方としては、まずそれぞれの保証成分値を参考にするといいでしょう。ソルビダとモグワンではタンパク質量やカロリーが結構違いますから、どちらが今の愛犬のライフスタイルに合っているのか?で決めてみるといいかもしれません。

ちなみに、活動犬や散歩もしっかりする犬ならモグワンがおすすめですね。運動量が明らかに少ない犬であれば、ヘルシーなソルビダの方が向いていると言えます。

あとは、素材のグレードに注目するといいでしょう。ソルビダは原材料の70%がオーガニック素材なの対し、モグワンは原材料に使われている素材全てがヒューマングレイドです。

どちらも非常にレベルの高い中身となっていますが、私たち人間も安心して試食できるものを求めるのであれば、モグワンを選ばれるといいかもしれません。

ソルビダドッグフードで犬の涙やけは治るの?

ソルビダを与え始めてから「涙やけが改善した」という口コミはとても多いです。これは、主原料に消化の良いチキン生肉を贅沢に使用しているからだと思われます。

あと、涙やけの原因となりやすい消化の悪い穀物(トウモロコシや小麦)、人工添加物、副産物などが使用されていないことも理由の1つでしょう。

食事が原因で起きる涙やけの場合、実はこれらの成分を避けるだけでも十分に予防・対策ができます。これはソルビダに限ったことではなく、犬の消化器に負担をかけるような成分が入っていないドッグフード全般に言えることです。

ただし、ソルビダの場合は穀物や植物性タンパク質が多く使われています。より効果的な対策をするなら、良質な動物性タンパク質が豊富なドッグフードを選ぶといいかもしれません。

ソルビダドッグフードの子犬用(インドアパピー)は何歳までが対象?

ソルビダには子犬用の「室内犬子犬用(インドアパピー)」があります。

基本的に、身体が成長している段階で成犬用に切り替えることはおすすめしません。子犬は成犬以上に栄養とエネルギーを必要としますから、これ以上身体が成長することはないと判断できるまでは子犬用を与えるようにしましょう。

あくまでも目安ですが、切り替えるタイミングとしては超小型犬・小型犬なら生後約10ヶ月、中型犬なら生後約12ヶ月、大型犬なら生後約1年半となります。判断がしにくい場合は、かかりつけの動物病院に相談してみましょう。

ソルビダドッグフードの種類と特徴について

ソルビダには全部で5種類のドッグフードがあります。それぞれの特徴を併せながら表にまとめてみました!

商品名 粒の大きさ 特徴
室内飼育子犬用
(インドアパピー)
直径約7.5mm 子犬、妊娠中・産後・授乳中の母犬用。
室内飼育成犬用
(インドアアダルト)
直径約8mm 超小型・小型犬用。カロリーが低めになっている。
成犬用
(アダルト)
直径約12mm 中・大型犬用。原材料や成分は室内飼育成犬用と同じ。
室内飼育7歳以上用
(インドアシニア)
直径約8mm 7歳以上のシニア犬用。成犬用よりもカロリーや脂質が控えめ。
室内飼育肥満犬用
(インドアライト)
直径約8mm 5種類の中でカロリーと脂質がもっとも低い。

ソルビダドッグフードのQ&A

ソルビダドッグフードのお試しサンプルってある?

ソルビダには無料サンプルがあり、ソルビダの公式サイトから直接申し込みをして取り寄せることができます。ただし各家庭1種類のみです。また、成犬用中粒のサンプル配布は終了したようです。

ソルビダドッグフードの「室内飼育成犬用(小粒)」と「成犬用」の違いは?

室内飼育成犬用と成犬用の違いは、粒の大きさです。室内飼育成犬用は小粒なのに対し、成犬用は円形状の中粒でつくられています。原材料・成分・保証成分値などはすべて同じです。

ソルビダドッグフードの賞味期限は?

ソルビダの賞味期限は製造後から18ヶ月です。ただし日本に到着してから検査や再包装をしているため、実際の賞味期限は12ヶ月になります。

ソルビダドッグフードの取扱店や販売店はどこ?

ソルビダの取扱店は、公式サイト推薦の「PoshPet Club」、楽天やAmazonなどの通販サイト、もしくは一部のペットショップとなります。販売店については公式サイトで確認することができます。

ソルビダドッグフードの基本情報

ドッグフードの形状 ドライフード
内容量 900g、1.8kg、3.6kg、5.8kg
※室内飼育成犬用の場合
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 2,160円(900g)
3,780円(1.8kg)
7,020円(3.6kg)
10,260円(5.8kg)
※Amazon参考価格
100gあたり価格 210円
販売会社 株式会社ライトハウス
公式サイト http://www.solvida.jp/
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で158商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全158商品】ドッグフードの総合ランキングを見る