158商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

ドッグスタンス「鹿肉ベーシック」の口コミ評判!安全性や評価は?

鹿肉ベーシックは、日本国内で育った野生鹿の生肉を使ったドッグフードです。そんな鹿肉ベーシックの安全性や口コミ評判はどうなのか?徹底的に分析していきます!

項目 詳細
商品ランク Bランク
※S~Eランクは【全158商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
主原料 4.5
グレインフリー 4.5
無添加 5.0
安全性 5.0
コスパ 3.0
内容量 300g×4袋、1kg、1kg×3袋
価格 3,780円(300g×4袋)
3,024円(1kg)
8,620円(1kg×3袋)
100gあたり価格 302円
対応年齢 全年齢対応
原産国 日本
編集部からの評価

鹿肉ベーシックは、当サイトでBランクのドッグフードです。メインの鹿肉はちゃんと認可を受けている処理場から調達されており、危険な添加物や粗悪な原料などは一切含まれていない非常に良好なドッグフードであることが分かりました。ただし、原材料には牛肉や大豆などの高アレルゲン食品が使われています。もともとアレルギー体質の犬に食べさせる際は、この辺りの原料に注意したほうが良いかもしれません。

実際に鹿肉ベーシックを購入してみました!

それでは早速、鹿肉ベーシックのレビューをしていきましょう!

今回は初めての利用なので、お得な「お試しセット(300g)」を購入してみました。価格も送料込みで950円とリーズナブルです。

まずはパッケージ裏のチェックを。原材料や成分値など、基本的な情報がシールでペタッと貼られています。こういうシンプルさが個人的には好きです。

次に、袋を開封していきましょう!

こちら300gのお試しセットなのに、ちゃんとジッパーが付いていますよ~!しかも、中には脱酸素剤が入っています。ドックスタンスさん太っ腹ですね!とても親切です。

そしてフードの粒やニオイはというと…

まずニオイですが、魚のみりん干しっぽいような…ちょっと甘めのスナック菓子のような…そんな匂いがします。これは犬だけじゃなく、人間も好きな匂いだと思いますよ!

粒は、最近の国産ドッグフードによくある細長いタイプですね。

大きさが分かりやすいように、我が家で愛犬モコにいつも食べさせているモグワンの粒と比較してみました。鹿肉ベーシックの粒は不揃いでやや大きめなのがよく分かります。

これまでの経験上、鹿肉ベーシックのような粒は口の小さな犬でも問題なく食べれていますね。砕きやすいということもあり、小さく砕いて食べさせる飼い主さんも多いみたいです。

それでは次に、鹿肉ベーシックを器に盛ってモコに試食してもらいましょう!

とりあえずモコは鹿肉に食べ慣れていないので、初日はモグワンと半々にして食べてもらうことにしました。さぁ、食いつきの方はどうなんでしょうか?

やっぱりモコはこの手のドッグフードが好きなようです♪とっても喜んでザクザクと食べていました!粒の大きさも硬さも問題なしのようです。

途中でよそ見をすることもなく、このまま最後まできれいに完食してくれました。

それから徐々に鹿肉ベーシックの量を増やして毎日あげてみましたが、下痢や軟便になることもなく、毎日とても健康的なウンチをしていました。体質に合っていたようで、嘔吐をしたり痒みが出たりすることもなかったです。

それでは次に、鹿肉ベーシックの原材料と安全性を徹底分析していきましょう!

鹿肉ベーシックドッグフードの原材料と安全性を徹底分析!

次に、鹿肉ベーシックの原材料と安全性について分析していきたいと思います!

当サイトの基準で、危険なものは赤危険じゃないけど気になるものは緑で表示しています。

鹿肉(生)、大麦(全粒粉)、牛肉、玄米、コプラフレーク、大豆、オリーブ油、海藻、牛骨カルシウム、卵殻カルシウム、DL-メチオニン、酸化亜鉛、ビタミンC、ビタミンE、ナイアシン、パンテトン酸Ca、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンA、葉酸、ビタミンD、ビタミンB12

4D 香料
粗悪成分 着色料
危険成分 保存料
やや危険成分 酸化防止剤
粗タンパク質 26%以上 粗灰分 5%以下
粗脂肪 8%以上 水分 10%以下
粗繊維質 4%以下 代謝エネルギー 400kcal/100g

鹿肉(生)

ここで使われている鹿肉は、日本国内の野生鹿の生肉です。栄養素をギュッと凝縮するために90℃以下で調理されています。鹿肉は高タンパク・低カロリー(牛肉の半分)で、ビタミンや鉄分などを豊富に含んでいます。

牛肉

ここでは国産の和牛が使用されています。牛肉は高タンパク・高脂質で、他の肉よりもややカロリーが高めです。亜鉛や鉄分、ビタミンB12を豊富に含んでいます。

大豆

一般的に大豆は、犬の膵臓・消化器に負担をかけます。しかしここで使われている大豆は高温でしっかり処理されているため、植物の毒素が分解されている安全なものです。

編集部からのひとこと

鹿肉ベーシックの原材料などを確認したところ、余計なものが一切入っていない非常にシンプルなドッグフードであることが分かりました。食材を低温で調理していることもあり、ビタミンやミネラルの添加も最小限に抑えられています。

メインの鹿肉の安全性については後述していますが、主に京都や兵庫に生息している鹿の肉を使用しているそうです。この辺りは安心して大丈夫と言えるでしょう。

ちなみに鹿肉ベーシックに使われている穀物ですが、どれもグルテンの含有量が少ない良質な穀物なので酷く心配する必要はありません。大豆も外皮を取り除いてしっかり下処理しているとのことなので安心です。

ただ、少量の穀物でもアレルギーを起こす犬は摂取を控えた方がいいかもしれませんね。グレインフリーのドッグフードに食べ慣れているのであれば、初めて与える際は十分に注意しましょう。

それと当サイトで気になったのが、牛肉の使用。牛肉が悪いのではなく、鹿肉のタンパク源だけで食物アレルギー対策をしたい場合にこの製品は向かないということです。

牛肉が大丈夫であれば問題ではないですが、できるだけ単一タンパク源だけ摂取させてあげたい場合は控えた方がいいかもしれません。

鹿肉ベーシックドッグフードの口コミや評判ってどうなの?

実際に、鹿肉ベーシックを愛犬に食べさせている飼い主さんの評判はどうなのでしょうか?口コミをまとめてみました!

鹿肉ベーシックドッグフードの良い口コミ

ペキニーズ13歳 / メス
5.0
鹿肉は初めてなのでちょっと不安でしたが、食いつきがすごく良くてびっくりです。本当に喜んで食べてくれます!この食事のおかげなのか、散歩も喜んでするようになりました。、毎日イキイキしています。
ヨークシャー・テリア6歳 / メス
3.5
300gのお試しを購入。食いつき良好です。ただ価格が高いので、とりあえずこちらと他のドッグフードをローテーションすることにしました。もう少し安かったら嬉しいですね。
ミニチュア・ダックスフンド7歳 / オス
4.5
鹿肉ドッグフードを食べさせるようになってから、毛並みやうんちの状態がとても良くなりました!お値段は高いですが、すごくいい商品だと思いますよ。

鹿肉ベーシックの悪い口コミ

柴犬11歳 / オス
2.0
すごく品質の良いドッグフードに間違いはありません。ただですね、価格が高くて続けにくいんです…。我が家のような柴犬にはある程度の量が必要なので、この商品を続けるとなるとちょっと家計が厳しいかな…。高い分、品質や内容もすごくいいんですけどね。
コーギー6歳 / オス
2.0
うちのワンコは途中から食いつきが悪くなりました。とりあえず茹でたササミをトッピングするなどして工夫して食べさせていますが、もうリピはないかな…。コスパも決していいわけではなかったので、切り替えのタイミングと思って他を探します。
トイ・プードル10歳 / メス
1.0
まずはお試しを購入しておいて良かったです。うちの子は食べませんでした…。2口くらいは食べたのですが、歯触りが嫌だったのか床にペット出してその後は見向きもしませんでした。恐らく、筋(糸のようなもの)がダメだったのかもしれません

鹿肉ベーシックドッグフードの口コミ・評判まとめ

鹿肉ベーシックの口コミを調査してみると、全体的に高評価であることが分かりました!

とくに「毛並みや毛艶が良くなった」「うんちが安定するようになった」「元気に散歩するようになった」という好意的な口コミが多く、鹿肉ベーシックが犬の健康に良い影響を与えるドッグフードであることが伺えました。

ただその一方で「価格が高い」といった声もすごく多かったですね。それだけ良質なドッグフードだという証拠なのですが、愛犬のためにも続けやすい価格にして欲しいと願う飼い主さんは少なくないようです。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

どこで鹿肉ベーシックを買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

公式サイト Amazon 楽天
お試し購入 950円(300g)
初回定期購入 2,419円(1kg)
6,896円(1kg×3袋)
定期購入 2,722円(1kg)
7,758円(1kg×3袋)
通常購入 3,780円(300g×4袋)
3,024円(1kg)
8,620円(1kg×3袋)
送料 8,640円以上は無料

鹿肉ベーシックドッグフードは公式サイトのみでの販売!

鹿肉ベーシックは楽天やAmazonなどの通販サイトでは取り扱いがなく、ドッグスタンスの公式サイトのみでの販売となります。

初回に限り950円で「お試しセット」を試せる!

初回に限り、鹿肉ベーシック300gを950円でお試しすることができます。まずはお試しセットを有効活用して、愛犬の反応を見てみるといかもしれません。

鹿肉ベーシックドッグフードは定期宅配がとってもお得!

鹿肉ベーシックを通常購入(1回きりの購入)することも可能ですが、実は定期宅配をした方がものすごくお得です!

まず定期購入の1回目が20%OFFになり、その後はずっと10%OFFで購入することができます。ちょっと高いと感じる鹿肉ベーシックも、定期宅配をすることで比較的リーズナブルに購入することが可能ですよ。

定期宅配はいつでも解約・休止・変更が可能!

ドッグスタンスでの定期宅配の変更は、パソコンやスマホからいつでも行えるようになっています。ただし「出荷予定日の3日前まで」に連絡しないと、次回分がいつも通り届いてしまうので注意しましょう。解約・休止は直接電話をして手続きを行うようです。

鹿肉ベーシックドッグフードと当サイト一押しのモグワンで比較!

人気商品モグワンと鹿肉ベーシックにはどのような違いがあるのか、「内容量」「価格」「メイン食材」「穀物類」「添加物」などを比較してみました!

項目 モグワン 鹿肉ベーシック
内容量 1.8kg 1kg
価格 3,564円 2,722円
100gあたりの価格 198円 272円
メイン食材 チキン&サーモン53% 鹿肉(生)
穀物 グレインフリー 大麦(全粒粉)・玄米
添加物 無添加 無添加
当サイト評価 Sランク Bランク
※定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

鹿肉ベーシックとモグワンはまずタンパク源が違うので、どちらのお肉が愛犬の体質に合うかで決めるのが良いかと思います。

ただ、鹿肉ベーシックには牛肉や穀物が含まれています。もしも食肉アレルギーや穀物アレルギーの心配がある場合は、できるだけこれらを避けたドッグフード(モグワンなど)を選ぶと良いかもしれません。

あと原材料を細かく見ると分かるのですが、モグワンには魚や野菜・果物もバランスよく配合されています。しかも穀物アレルギーに配慮してサツマイモが使用されているので、穀物を避けたい犬にも与えやすいのがメリットですね。

ただしここで細かく比較しても、犬には相性の悪い動物タンパク源というものもあります。最終的にはどちらのお肉が体質に合っているかで決めると良いでしょう。

ドッグスタンスで使っている鹿肉は本当に安全なの?

野生の鹿肉を使ったドッグフードと聞いて、寄生虫やBSEの感染を心配する人も多いと思います。実際に私もその辺りが心配だったので、直接ドッグスタンスへ問い合わせてみました!

そして得た回答がコチラです。

フードに使用している鹿肉は、主に京都、兵庫をメインとし、各都道府県の認可を受けた処理場からのみ調達しております。認可を受けている処理場では、ガイドラインに基づいて解体をしております。

また、処理された鹿肉は、保管時にマイナス25℃以下に冷凍し、フードやオヤツなどの製造時は90℃~100℃での熱殺菌を行っております。細菌や寄生虫の問題につきましては、ご安心頂けますと幸いです。また、BSEにおきましても国産鹿の発生例はございません。製品につきましても、これまで健康被害の報告もございません。安心してご利用頂けますと幸いです。

鹿肉の入手ルートや保存の仕方、そして殺菌の仕方などを回答しないドッグフード会社が多い中、ドッグスタンスさんは当日中にしっかりと回答して下さいました。

野生の鹿肉による細菌や寄生虫の問題もないとのことなので、安心して愛犬に食べさせることができますね!

鹿肉ベーシックドッグフードは子犬やシニア犬に与えても大丈夫?

鹿肉ベーシックは全年齢対応のドッグフードです。子犬・成犬・シニア犬と全ての世代の犬に与えることができます。

とくに子犬は成犬以上にエネルギー量を必要とする時期なので、むしろ良質な動物タンパク源を多めに使ったドッグフードを食べさせるようにしましょう。

またシニア犬に関しても、実は良質なお肉を使った高タンパクな食事がおすすめです。よく「シニア期に入ったら低タンパクフードを!」と言われていますが、シニア犬だからこそタンパク質をしっかりと補給する必要があります。

もしもシニア期以降に低タンパクフードを食べ続けてしまうと、あっという間に筋肉が衰え始め、しかも足腰を弱らせて老化や病気を促進させるので注意しましょう。

消化機能が衰えを見せ始めたら低タンパク・高カロリーの食事に切り替えるようにし、健康なうちは高タンパク・低カロリーの食事を与えるようにしましょう。

鹿肉ベーシックドッグフードのQ&A

鹿肉ベーシックドッグフードの賞味期限は?

鹿肉ベーシックの賞味期限は未開封で1年、開封後は2ヶ月となります。未開封であっても、35℃以上の場所での保管はフードの劣化を促進させます。夏の時期は過剰にストックすることは避け、できるだけ冷暗所で保管するようにしましょう。

鹿肉ベーシックドッグフードの正規品取扱店は他にある?

現在、鹿肉ベーシックの正規品を取り扱っているのはドッグスタンスのみです。似たような商品があってもそれは類似品である可能性があるので、十分に注意しましょう。

鹿肉ベーシックドッグフードの基本情報

ドッグフードの形状 円柱状のドライフード
(約8mm~約15mmで直径が約5mm)
内容量 300g×4袋、1kg、1kg×3袋
お試し価格 950円(300g)
定期購入価格 2,722円(1kg)
7,758円(1kg×3袋)
通常価格 3,780円(300g×4袋)
3,024円(1kg)
8,620円(1kg×3袋)
100gあたり価格 302円
販売会社 株式会社プロ・アクティブ
公式サイト http://www.dogstance.com/
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で158商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全158商品】ドッグフードの総合ランキングを見る