158商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

安全性はどう?犬用ヒルズサイエンスダイエットを買った口コミ評判!

ヒルズ「サイエンスダイエット」は、220人以上の栄養学者と獣医師によって開発されたドッグフードです。そんなサイエンスダイエットの安全性や口コミは実際のところはどうなのでしょうか?徹底的に分析していきます!

項目 詳細
商品ランク Dランク
※S~Eランクは【全158商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
主原料 3.0
グレインフリー 0
無添加 5.0
安全性 2.5
コスパ 5.0
内容量 750g、1.5kg、3kg
※アダルト小型犬用 成犬用 1歳~6歳の場合
価格 726円(750g)
1,467円(1.5kg)
1,998円(3kg)
※Amazon参考価格
100gあたり価格 67円
対応年齢 全年齢対応
原産国 オランダ/チェコ/アメリカ
編集部からの評価

サイエンスダイエットは、当サイトでDランクのドッグフードです。商品によって原材料はだいぶ変わりますが、サイエンスダイエットは危険な人工添加物や原料を含まない比較的良好なドッグフードと言えます。ただ、全体的に高アレルゲン食品(とうもろこしや小麦など)の使用が目立つんですね。油も動物性油脂を使用しているため、どんなグレードのものを使用しているのか明確だと良かったのになと感じます。

実際にサイエンスダイエットを購入してみました!

それでは早速、サイエンスダイエットについてレビューしていきたいと思います。

サイエンスダイエットは20種類以上ものドッグフードがあるので、とりあえず今回はベーシックに近い「アダルト 小型犬用 成犬用 1歳~6歳」の750gを購入。

まずはパッケージ裏のチェックを。この製品の特徴などが写真付きで解説されていますね。

原材料や保証成分値はパッケージ脇に書かれているので、この後に解説する「原材料と安全性の分析」にてお見せしたいと思います。

それでは次に、袋を開封していきましょう!

サイエンスダイエットにはちゃんとジッパーが付いています。超小型犬や小食の犬だとしても、これなら保管しやすいので急いで使い切らなくても大丈夫そうですね。

そして粒やニオイはというと…

おぉ~!かなり小粒ですね。いわゆる超小粒ってやつです。中型犬や大型犬は確実に丸呑みしてしまう大きさですが、超小型犬や小型犬にはちょうどいいのではないでしょうか。

そしてニオイはというと…全然臭くないです!チキンというよりは穀物の香りが強めで、化学合成物質なども使っていないからか自然なニオイです。ちょっと安心しました。

ちなみに我が家ではいつもモグワンを食べさせているので、せっかくだからモグワンの粒と比較してみました。サイエンスダイエットの小粒感がよく分かるかと思います。

それでは次に、サイエンスダイエットの原材料と安全性について徹底分析していきましょう!

サイエンスダイエットドッグフードの原材料と安全性を徹底分析!

次に、サイエンスダイエットの原材料と安全性について分析していきたいと思います!ここでも「アダルト 小型犬用 成犬用 1歳~6歳」に注目してみました!

そして当サイトの基準で、危険なものは赤危険じゃないけど気になるものは緑で表示しています。

トリ肉(チキン、ターキー)、トウモロコシ、小麦、米、動物性油脂、トリ肉エキス、植物性油脂、亜麻仁、ポークエキス、トマト、柑橘類、ブドウ、ホウレンソウ、ミネラル類(ナトリウム、カリウム、クロライド、銅、鉄、マンガン、セレン、亜鉛、ヨウ素)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、ベータカロテン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、 コリン)、アミノ酸類(タウリン)、酸化防止剤 (ミックストコフェロール、ローズマリー抽出 物、緑茶抽出物)

4D 香料
粗悪成分 動物性油脂 着色料
危険成分 保存料
やや危険成分 酸化防止剤 ミックストコフェロール・ローズマリー抽出物・緑茶抽出物
タンパク質 25.1% オメガ3脂肪酸 0.62%
脂質 16.1% オメガ6脂肪酸 3.94%
粗繊維 1.4% 代謝エネルギー 374kcal/100g
炭水化物 51.9%

チキン

チキンはアミノ酸のバランスが良く、犬の健康を維持するために必要なタンパク質を豊富に含んでいます。また消化吸収が良いので、胃腸に負担をかけることも少ないのが特徴です。

トウモロコシ

犬にとって、トウモロコシのような植物性タンパク質は消化に良くありません。アレルギーを引き起こしやすい穀物でもあるので、できれば入っていない方が望ましいです。

小麦

小麦はグルテンの含有量が多いので犬にとって消化しにくく、アレルギーを引き起こしやすい穀物の1種です。また高GI値食品なので血糖値が急上昇しやすいデメリットもあります。

動物性油脂

動物性油脂は、何の動物から抽出された油脂なのか分からない原料の1つです。良質な油よりもコストが安いため、低品質なドッグフードによく使われている特徴があります。

編集部からのひとこと

原材料を調査したところ、とくに危険な添加物が使われていない比較的良好なドッグフードであることが分かりました。

第1主原料にはちゃんと素材の分かるお肉が使われていますし、酸化防止剤も天然原料を使用しているのでこの辺りは好印象です。

ただ、サイエンスダイエットは全体的に高アレルゲン食品の使用が目立ちます。トウモロコシも小麦も体質的に合わない犬が多いのは事実なので、低アレルゲンの穀物が使われていると良かったなと感じますね。

あと、この製品は炭水化物が51.9%も含まれています。フード中には最低23%の炭水化物が含まれていれば問題ないので、その2倍も含まれているとなると…ちょっと消化面での負担が心配になりました。

とはいえ、サイエンスダイエットはいろんな面で本当に頑張っているドッグフードだなと当サイトは感じます。だからこそ、もう少し現代の犬目線で原材料のラインアップを考えてくれていたら最高ですね。

油も動物性油脂や植物性油脂ではなく、素材の分かる油を使って欲しいものです。「高品質」と謳っている以上は、原材料についてもっと情報開示する必要があるのでは?と正直感じました。

サイエンスダイエットドッグフードの口コミや評判ってどうなの?

実際に、サイエンスダイエットを愛犬に食べさせている飼い主さんの評判はどうなのでしょうか?口コミをまとめてみました!

サイエンスダイエットドッグフードの良い口コミ

ゴールデン・レトリバー5歳 / メス
4.0
我が家の愛犬はこのフードだと飽きずに食べてくれます。うんちも毎日2~3回出るし快調腸のようです!心なしか毛並みも良くなってきたような…?とりあえずウチの子に合ってるので、このまま続けていこうと思います。
チワワ7歳 / オス
5.0
うちのチワワはちょっと肥満気味なので、数ヶ月前からこちらのライト(小粒)を食べさせて体重管理しています。そのままでもよく食べますが、茹でた鶏肉を混ぜてあげると喜んで完食してくれますよ。今のところ体重の増加はありません。
ミニチュア・ダックスフンド9歳 / メス
4.5
長年愛用していたロイヤルカナンからサイエンスダイエットに変えました。ちょっとフードのにおいがきついですが、本人は喜んでパクパクしています。しかも毎日うんちが出る出る!食べる物でこんなにうんちの量が変わるなんてビックリです!

サイエンスダイエットドッグフードの悪い口コミ

ラブラドール・レトリバー6歳 / オス
1.0
現在こちらを含めた3種類のドッグフードをローテーションしています。やっぱりこちらを食べさせるとウンチが臭くなります。しかもウンチの量が増えるので、もう食べさせるのはやめました。恐らく、体内に吸収されにくい原材料が使われているせいではないでしょうか?
ボーダー・コリー4歳 / メス
1.0
サイエンスダイエットのアダルトを初めて購入。食いつきはいいんですが、これを食べると便がやわらかくなります。しかも血液や白く濁った膜のような物までついてビックリしました。今はだいぶ治まりましたが、便はやわらかいままです。なのでもうリピートはしません。
トイ・プードル12歳 / オス
2.0
チキンの香りがきついですね。でも食いつきは抜群です。ただ、こちらを食べさせるようになってから時々吐いたり下痢をするようになりました。何か関係あるのでしょうか?もうちょっと様子を見てみます。
柴犬10歳 / オス
1.0
食いつきはいいのですが、うんちの量が半端ないです。今まで食べていた餌だと1日に1回するかしないかだったのに、今は1日に4回くらいはします。たぶん犬には必要のない繊維質が多すぎるんでしょうね。残念ですがリピートはしません。

サイエンスダイエットドッグフードの口コミ・評判まとめ

サイエンスダイエットの口コミを調査して分かったことは、「うんちの量が増えた」「うんちの回数が増えた」と口コミをしている飼い主さんがとても多いことです!

うんちの量が増えたことをポジティブに捉えている飼い主さんもいるのですが、やはり知識のある飼い主さんからするとNGの声があがっていましたね。

というのも、うんちの量や回数が増える餌は犬にとって好ましくありません。排泄物が増える餌というのは、つまり犬が消化できない原料が多く含まれていることを意味するからです。

また、食物繊維の過剰摂取はミネラルの吸収率を下げたり他の栄養素を薄める要因となります。うんちが正常であれば問題ありませんが、ちょっと違和感を感じたら炭水化物少なめのドッグフードと比較してみるといいでしょう。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

どこでサイエンスダイエットを買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入 653円(750g)
1,320円(1.5kg)
1,798円(1.5kg)
通常購入 726円(750g)
1,467円(1.5kg)
1,998円(3kg)
918円(750g)
1,684円(1.5kg)
2,675円(3kg)
送料 2,000円以上、定期便は無料 店舗により異なる

サイエンスダイエットドッグフードはAmazonが格安!?

調査したところ、サイエンスダイエットの価格が比較的安いのはAmazonであることが分かりました。また、Amazonではサイエンスダイエットの定期購入も行われています。

サイエンスダイエットドッグフードの「ブリーダーパック」もある!

サイエンスダイエットには、いわゆる業務用の「ブリーダーパック(ブリーダー用)」もあります。取り扱われている商品やサイズはごく一部ですが、Amazonや楽天で購入することが可能です。

サイエンスダイエットドッグフードの並行輸入品に注意!

あまりにも激安なサイエンスダイエットがあったら、それは並行輸入品の可能性が高いです。すべての並行輸入品が悪いわけではないのですが、トラブルを防ぎたいのであればできるだけ正規品を購入するようにしましょう。

サイエンスダイエットドッグフードと当サイト一押しのモグワンで比較!

人気商品モグワンとサイエンスダイエットにはどのような違いがあるのか、「内容量」「価格」「メイン食材」「穀物類」「添加物」などを比較してみました!

項目 モグワン サイエンスダイエット
内容量 1.8kg 3kg
価格 3,564円 1,998円
100gあたりの価格 198円 67円
メイン食材 チキン生肉・生サーモン トリ肉(チキン、ターキー)
穀物 グレインフリー トウモロコシ・小麦・米
添加物 無添加 無添加
当サイト評価 Sランク Dランク
※モグワンは定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

サイエンスダイエットとモグワンですが、どちらも危険な添加物を使っていない点では共通です。ただ、原材料の使い方と品質が結構異なりますね。

当サイトは、犬にとって穀物が絶対にダメとは思っていません。しかし、サイエンスダイエットは消化に負担のかかる穀物を2種類も使っているので、消化面を考えるとモグワンの方がいいだろうなと感じます。

あとは油。サイエンスダイエットは動物性油脂植物性油脂という曖昧な油を使っているのに対し、モグワンはサーモンオイルやココナッツオイルと素材がハッキリしています。

そんな細かいことまでいちいち気にしなくていいじゃん!と考える人にとってはどうでもいい比較だと思うのですが、やはりアレルギー体質の犬やお腹の緩い犬を飼っている人からすると、素材が曖昧なのは致命的だったりするんですよね。

もちろんサイエンスダイエットも決して粗悪なドッグフードではありません。今の愛犬にとってどちらが適しているのかは、愛犬の健康状態やライフスタイルとよく相談した上で決められてみるといいでしょう。

犬用「サイエンスダイエット」と「サイエンスダイエット(プロ)」の違いは?

犬用の「サイエンスダイエット」と「サイエンスダイエット(プロ)」の違い、分かりにくいですよね…。公式サイトも商品の並べ方がゴチャゴチャなので、非常に見にくいです。

まず2つの決定的な違いなのですが、プロは通常のサイエンスダイエットよりも免疫力のサポートに優れています。抗酸化作用のある果物が野菜が使われているため、より効率よく健康を維持することができるタイプになっているようです。

またプロは、「避妊・去勢」「腎臓・心臓」「脳」「関節」などの目的に合わせたフードも選択できるようになっています。

サイエンスダイエットドッグフードの種類について

サイエンスダイエットには、ドライフードウェットタイプの缶詰があります。公式サイトを見ると何が何だか分かりにくいので、商品名だけでもザっとまとめてみました!

ドライフード

子犬用(パピー)/妊娠・授乳期の母犬用

  • パピー 大型犬種用 子いぬ用 ~12ヶ月
  • パピー 小粒 子いぬ用 ~12ヶ月/妊娠・授乳期
  • パピー 小型犬用 子いぬ用 ~12ヶ月/妊娠・授乳期

成犬用(アダルト)

  • アダルト 小粒 成犬用 1~6歳
  • アダルト 成犬用 1~6歳
  • アダルト 小型犬用 成犬用 1~6歳
  • アダルト 大型犬種用 成犬用 1~5歳
  • アダルト ラム&ライス 成犬用 1~6歳
  • アダルト ラム&ライス 小粒 成犬用 1~6歳

シニア犬・高齢犬用

  • シニア 小粒 高齢犬用 7歳以上
  • シニア 高齢犬用 7歳以上
  • シニア 大型犬種用 高齢犬用 6歳以上
  • シニアプラス 小型犬用 高齢犬用 10歳以上
  • シニアアドバンスド 小型犬用 高齢犬用 13歳以上
  • シニアアドバンスド 小粒 高齢犬用 13歳以上

体重が気になる犬用(全犬種共通)

  • 減量サポート 超小粒 小型犬用 1歳以上
  • 減量サポート 小粒 小型~中型犬用 1歳以上
  • 減量サポート 中粒 中型犬用 1歳以上
  • ライト 小粒 肥満傾向の成犬用 1~6歳
  • ライト 小型犬用 肥満傾向の成犬用 1~6歳
  • ライト 大型犬種用 肥満傾向の成犬用 1~5歳
  • シニアライト 小粒 肥満傾向の高齢犬用 7歳以上
  • シニアライト 小型犬用 肥満傾向の高齢犬用 7歳以上

ウェットフード(缶詰)

  • パピー チキン 子いぬ用 ~12ヶ月/妊娠・授乳期
  • アダルト チキン 成犬用 1~6歳
  • アダルト ビーフ 成犬用 1~6歳
  • シニア チキン 高齢犬用 7歳以上
  • シニア ビーフ 高齢犬用 7歳以上
  • ライト 肥満傾向の成犬用 1~6歳

サイエンスダイエットドッグフードのQ&A

サイエンスダイエットドッグフードの賞味期限は?

サイエンスダイエットの賞味期限は、開封後1~1ヶ月半が目安となります。できるだけ高温多湿を避け、直射日光のあたらない冷暗所で保管するよにしましょう。

サイエンスダイエットの返金保証って何?

サイエンスダイエットの返金保証は、万が一商品に満足できなかった場合に日本のヒルズ社が商品代を返金してくれるという制度です。サイエンスダイエットを含む計3ブランドのヒルズ製品が対象です。詳細は公式サイトを確認されると良いでしょう。

サイエンスダイエットドッグフードの正規品取扱店や販売店は?

サイエンスダイエットの正規品を購入できる店舗は、公式サイトで検索をして確認することができます。通販サイトで購入する場合は、必ず「正規品」であることが確認できる店舗で購入するようにしましょう。

サイエンスダイエットドッグフードの基本情報

ドッグフードの形状 ドライフード/ウェットフード
内容量 750g、1.5kg、3kg
※アダルト小型犬用 成犬用 1歳~6歳の場合
初回購入価格
定期購入価格 653円(750g)
1,320円(1.5kg)
1,798円(1.5kg)
※Amazon参考価格
通常価格 726円(750g)
1,467円(1.5kg)
1,998円(3kg)
※Amazon参考価格
100gあたり価格 67円
販売会社 日本ヒルズ・コルゲート株式会社
公式サイト https://www.hills.co.jp/
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で158商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全158商品】ドッグフードの総合ランキングを見る