158商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

ピュリナ(プロプラン)ドッグフードの口コミ評判!安全性や評価は?

プロプランは、海外のブリーダーやショードッグのオーナーから人気の高いピュリナ社のドッグフードです。そんなプロプランの安全性や口コミ評判はどうなのか?徹底的に分析していきます!

項目 詳細
商品ランク Dランク
※S~Eランクは【全158商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
主原料 3.0
グレインフリー 1.0
無添加 5.0
安全性 3.0
コスパ 4.5
内容量 800g、2.5kg、7kg
※小型犬成犬用 チキン ほぐし粒入りの場合
価格 1,200円(800g)
2,514円(2.5kg)
5,346円(7kg)
※Amazon参考価格
100gあたり価格 101円
対応年齢 全年齢対応
原産国 オーストラリア/フランス/アメリカ
編集部からの評価

プロプランは、当サイトでDランクのドッグフードです。メイン原料にお肉や魚を使い、とくに危険な添加物を含んでいない点は高く評価することができました。しかし残念ながら、高アレルゲン食品や4Dミートと思われても仕方ない原料の使用が目立ちます。また原材料についての詳しい情報がないため、どういった素材を使っているのか分からな過ぎる点もマイナス評価となりました。

ピュリナ「プロプラン」ドッグフードの原材料と安全性を徹底分析!

まず初めに、プロプランの原材料と安全性について分析していきたいと思います!ここでは一番人気の「小型犬成犬用 チキン ほぐし粒入り」に注目してみました。

そして当サイトの基準で、危険なものは赤危険じゃないけど気になるものは緑で表示しています。

チキン、米、家禽ミール、牛脂、脱脂大豆、コーングルテン、とうもろこし、小麦、とうもろこし胚芽、卵、たんぱく加水分解物、酵母、小麦アリューロン、フィッシュパウダー、植物性油脂、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、鉄、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素、セレン、硫黄)、ビタミン類(A、D、E、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、B12、コリン、K、ビオチン、C)、グリセリン、酸化防止剤(ミックストコフェロール)

4D 家禽ミール 香料
粗悪成分 着色料
危険成分 保存料
やや危険成分 脱脂大豆 酸化防止剤 ミックストコフェロール
タンパク質 29%以上 灰分 9%以下
脂質 17%以上 水分 12%以下
粗繊維 3%以下 代謝エネルギー 約403kcal/100g

チキン

チキンはアミノ酸のバランスが良く、犬の健康を維持するために必要なタンパク質を豊富に含んでいます。また消化吸収が良いので、胃腸に負担をかけることも少ないのが特徴です。

家禽ミール

基本的に「〇〇ミール」と呼ばれている肉類は、肉副産物(内臓・爪・羽・トサカ・骨など)をすりつぶしたものになります。つまり食肉以外の栄養価が低い部分です。

中には肉副産物を使っていないメーカーもありますが、プロプランに関しては一切言及されていません。よって、危険な肉副産物が使われている可能性もあります。

脱脂大豆

脱脂大豆(別名:大豆ミール)は、大豆加工食品(豆腐や納豆など)の残りカスです。いくら良質な脱脂大豆であっても、栄養価値はありません。

編集部からのひとこと

プロプランの「成犬用 チキン ほぐし粒入り」の原材料を確認したところ、主原料にチキンを使い、とくに危険な人工添加物の使用がない比較的良好なドッグフードであることが分かりました。

しかし残念なことに、家禽ミールや高アレルゲン穀物の使用が目立ちます。他のプロプランはリニューアル後にミートミールや小麦の使用をやめているのですが、この商品だけ相変わらず好ましくない原料が使われていることが分かりました。

これらの原料も、使用する目的や飼育・栽培環境などがきちんと公開されていれば比較的安心できるんです。しかしプロプランに関しては、原料について細かい情報が一切ありません。

そして当サイトがもっとも気になったのは、「ほぐし粒入り」の商品だけアメリカ産だということ。他のプロプランはオーストラリア産、もしくはフランス産なのですが、不思議なことにこの商品だけアメリカで製造され続けているようです。

何かと疑問点が多いこのプロプラン、アレルギー体質の犬にはあまりおすすめできる内容ではないなと当サイトは感じました。どちらかというと、コスパを重視したい家庭に向いているかと思われます。

ピュリナ「プロプラン」ドッグフードの口コミや評判ってどうなの?

実際に、プロプランを愛犬に食べさせている飼い主さんの評判はどうなのでしょうか?口コミをまとめてみました!

プロプランドッグフードの良い口コミ

ゴールデン・レトリバー6歳 / オス
4.0
結局またプロプランに戻ってきました。他のペットフードはイマイチ食いつきが悪かったのですが、こちらはよく食べてくれます。旧商品よりも値段が少々高くなったのは痛いですが、おおむね満足しています。
チワワ8歳 / メス
5.0
これまでのドッグフードと違ってプロプランにはチキンの肉片が入っていているので、うちの子もかなり気に入っています。これにしてから毛のツヤが良くなったような気がするので、しばらく続けてみようと思います。
ミニチュア・ダックスフンド5歳 / オス
4.0
子犬の時からプロプランです。毎日元気で便通もいいですし、何よりおいしく食べてくれるので合っているのだと思います。ただ、リニューアル後に小分けじゃなくなったのが残念です。

プロプランドッグフードの悪い口コミ

柴犬4歳 / オス
1.0
リニューアルしたので期待していましたが、全然ダメです。うちの柴犬はどうやら小麦粉アレルギーだったようで、プロプランを食べさせたら下痢と嘔吐が続いてしまいました。もちろん私の注意不足です。非常に可哀想な思いをさせてしまいました。アレルギー体質の犬に与える際は十分注意したほうがいいと思います。
トイ・プードル11歳 / オス
2.0
リニューアルしてから初めての購入です。新しいプロプランは小分け包装されておらず、とても不便になりました。
ボーダー・コリー6歳 / メス
1.0
成犬用チキンほぐし粒入りを買いました。なぜでしょう?他のはオーストラリア産とフランス産なのに、これだけアメリカ産です。しかも原料のほとんどは穀物。さらに家禽ミールも使われています。粒の大きさは問題ないのですが、我が家では食いつきも微妙で原材料も不安要素が残るのでもう買いません。

プロプランドッグフードの口コミ・評判まとめ

プロプランの口コミは全体的に良い印象を受けたのですが、「下痢になった」「小麦やとうもろこしが気になる」といった指摘をしている飼い主さんも少なくありませんでした。

それと、公式サイトで謳われているほど「毛並み・毛艶にいい変化が出た」と絶賛するような口コミは少なかったように思います。リニューアルしてからだいぶ月日も経っているので、その辺りの口コミがあっても良さそうな気がしますけどね…。

ちなみに「プロプランだとよく食べる」といった、食いつき系の口コミはすごく多かったです。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

どこでプロプランを買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入 3,250円(2.5kg) 1,026円(800g)
2,688円(2.5kg)
通常購入 3,611円(2.5kg) 1,140円(800g)
2,987円(2.5kg)
3,580円(7kg)
1,200円(800g)
2,514円(2.5kg)
5,346円(7kg)
送料 4,000円以上は無料 定期オトク便は無料 店舗により異なる

プロプランドッグフードはAmazonと楽天が激安!?

調査した結果、プロプランの価格がもっとも安いのはAmazonと楽天であることが分かりました。

ネスレ通販オンラインショップでも購入可能ですが、恐らく定価なのでしょう。お値段が高めになっています。しかも各商品1サイズのみの販売となっているようです。

プロプランドッグフードの並行輸入品に注意!

プロプランはAmazonや楽天で格安販売されていますが、中には並行輸入品が紛れていることもあるようなので注意が必要です。

並行輸入品はトラブルが多いため(賞味期限切れやパッケージ破損、カビなど)、愛犬の健康を守るためにも必ず正規品を購入するようにしましょう。

ピュリナ「プロプラン」ドッグフードと当サイト一押しのモグワンで比較!

人気商品モグワンとプロプラン「成犬用 チキン ほぐし粒」にはどのような違いがあるのか、「内容量」「価格」「メイン食材」「穀物類」「添加物」などを比較してみました!

項目 モグワン プロプラン
内容量 1.8kg 2.5kg
価格 3,564円 2,514円
100gあたりの価格 198円 101円
メイン食材 チキン生肉・生サーモン チキン・家禽ミール
穀物 グレインフリー 米・コーングルテン・とうもろこし・小麦・とうもろこし胚芽
添加物 無添加 無添加
当サイト評価 Sランク Dランク
※モグワンは定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

プロプランとモグワンの比較で注目しておきたいのが、炭水化物源の種類と品質です。

まず、モグワンは穀物アレルギーの犬にも配慮しているので、炭水化物源には低GI値食品のサツマイモが使われています。

それに対しプロプランは、しっかりと穀物を使っています。種類によって内容は変わりますが、それでもアレルゲンとなりやすい小麦やとうもろこしが使われていることは事実です。

そして品質・安全性ですが、モグワンは人も食べられる良質な食材のみを使っています。それに対しプロプランは「厳選された高品質な〇〇」と謳っているだけで、原材料についての細かい情報はありません。

余計な添加物が入っていない点ではどちらも同じですが、安全性を優先して選ぶなら当サイトではモグワンをおすすめしたいなと感じました。

犬用ピュリナ「プロプラン」とピュリナ「ワン」の違いは?

プロプランもワンも同じ「ピュリナ社」から製造されているドッグフードなので、違いがよく分かりにくいですよね。そこで簡単にそれぞれの特徴をまとめてみました!

ブランド名 特徴
プロプラン
  • 良質な肉や魚をタンパク源にしている。
  • Nestle PURINAの最高峰ブランドと言われている。
  • 海外のブリーダーに人気が高い。
  • 無添加
ワン
  • 良質な肉や魚をタンパク源にしている。
  • 小分けにパックされている。
  • 無添加

2つをよく見てみましたが、正直当サイトでも明確な違いというものが分かりませんでした。

原材料に大きな違いが見られませんし、良質なお肉や魚を使っている点も同じです。また、どちらもこれといって危険な添加物は使われていません。

それでもプロプランの方が最高峰と言われているので、恐らく品質や中身はワンよりもプロプランの方が上ということになるのでしょう。

ピュリナ「プロプラン」ドッグフードの種類と特徴

プロプランには2つのラインナップがあります。それぞれ特徴が異なるので、簡単にまとめてみました!

ライフステージ別・健康寿命対策

商品名 対象年齢 特徴
オプティスタート 免疫力維持のサポート 子犬 成長期の子犬、妊娠・授乳期の母犬に合わせた栄養バランス。主要タンパク源はチキンで、原産国はオーストラリア
オプティライフ 筋肉バランスのサポート 成犬 成犬期のニーズに合わせた栄養設計。ほぐし粒入り。主要タンパク源はチキンで、原産国はアメリカ
オプティエイジ 脳と記憶力のサポート シニア犬 シニア期のニーズに合わせた栄養設計。主要タンパク源はチキンで、原産国はフランス

こちらは子犬用・成犬用・シニア犬用に分かれていて、主要タンパク源はすべてチキンになります。原産国がそれぞれ異なるのは謎ですが…。

スペシャルケア

商品名 対象年齢 特徴
オプティエンリッチ ビューティーケア 成犬 オメガ脂肪酸や抗酸化成分が配合された小型犬専用のフード。主要タンパク源はチキンで、原産国はオーストラリア
オプティダーマ 繊細な肌のスキンケア 成犬・シニア犬 スキンケアに着目した栄養成分を特別配合した、小麦たんぱく不使用のフード。小型犬用と中・大型犬用があり。主要タンパク源はサーモンで、原産国はフランス
オプティウェイト 健康的な体重ケア 成犬 ダイエットや避妊・去勢後に合わせた栄養バランス。全犬種対応。主要タンパク源はチキンで、原産国はオーストラリア

スペシャルケアには子犬用がないので、成長期にあるうちは「健康寿命対策」の子犬用を活用するといいでしょう。

ピュリナ「プロプラン」ドッグフードのQ&A

プロプランドッグフードの販売店や取扱店はどこにあるの?

プロプランは全国のペットショップ等で購入できるようですが、一部取り扱いのない店舗もあります。念のため公式サイトで確認されるといいでしょう。

プロプランドッグフードの「ブリーダーパック」や「ブリーダーズパック」って何?

プロプランには、1袋あたり15kg以上(いわゆる業務用)の「ブリーダーパック」や「ブリーダーズパック」と呼ばれるものがあります。ただしAmazon等では在庫切れの状態が続いているので、現段階で購入することは難しいでしょう。

ピュリナ「プロプラン」ドッグフードの基本情報

ドッグフードの形状 ドライフード(小粒・大粒)
内容量 800g、2.5kg、7kg
※小型犬成犬用 チキン ほぐし粒入りの場合
初回購入価格
定期購入価格 1,026円(800g)
2,688円(2.5kg)
※Amazon参考価格
通常価格 1,140円(800g)
2,987円(2.5kg)
3,580円(7kg)
※Amazon参考価格
100gあたり価格 101円
輸入販売会社 ネスレジャパン株式会社
公式サイト https://nestle.jp/brand/proplan/
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で158商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全158商品】ドッグフードの総合ランキングを見る