158商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

オリジンドッグフードを愛犬に試しました!口コミ評判&安全性も評価

オリジンは、数々の受賞歴を誇る最高級ドッグフードです。あの「アカナ」のお姉さん的存在としても有名なオリジンですが、安全性や口コミ評判はどうなのでしょうか?あらゆる点を徹底的に分析していきます!

項目 詳細
商品ランク Aランク
※S~Eランクは【全158商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
主原料 5.0
グレインフリー 5.0
無添加 5.0
安全性 5.0
コスパ 3.0
内容量 340g、2kg、5.9kg、11.3kg
※パピーラージのみ5.9kgと11.3kgの2サイズ
価格 1,300円(340g)
6,000円(2kg)
14,500円(5.9kg)
21,000円(11.3kg)
100gあたり価格 300円
対応年齢 全年齢対応
原産国 アメリカ
編集部からの評価

オリジンは、当サイトでAランクのドッグフードです!さすが愛犬家たちから絶賛されているドッグフードとあり、品質・安全面・原材料の使い方などすべてにおいて合格です。またどの商品もグレインフリーとなっており、炭水化物の量も制限されているので肥満対策しやすいドッグフードであることが分かりました。活動犬をはじめ、1日の消費エネルギー量が大きい犬やお肉が大好きな犬にもぜひおすすめしたいです。

目次

実際にオリジンドッグフードを購入してみました!

最高級ドッグフードとも言われるオリジンを、私も実際に購入して愛犬モコに食べてもらうことにしました!とりあえず我が家では「シニア」の340gを購入。これで税込702円でした。

それでは早速レビューしていきましょう!

まずはパッケージの裏面。原材料や保証成分値、それから動物性タンパク源のそれぞれの含有量がイラスト付きで書かれています。粗タンパク質も38%と高めですね。

うちのモコのように運動量の多いシニア犬ならこれくらいの栄養価でも大丈夫ですが、運動量も減り、なおかつ消化機能が落ちているシニア犬には高タンパク過ぎるかもしれません。

次に、袋を開封していきましょう!

なんとどうやら、オリジンの340gシリーズにはジッパーが付いていないようです。すぐに使い切れる量なので問題はないと思いますが、保管の際は気をつけた方がいいですね。

粒はこんな感じ。とっても大きいです!そして匂いがいい!分かりやすく言えばジャーキーの匂いで、思わず私でも食べたくなるほどいい香りです(笑)

大きさが分かりやすいように、我が家でいつも食べさせているモグワンの粒と比較してみました。大きさの違いが一目瞭然ですね。シニア用でも直径1.5cmくらいはあります。

一応、オリジンは手で簡単に割れる硬さではあるのですが、噛む力が弱い子や丸呑みしやすい子は気をつけた方がいいかもしれませんね。

それでは次に、オリジンを器に盛って早速モコに食べてもらいましょうか!

モコはオリジン初体験なので、念のため初日は食べ慣れているモグワンに混ぜる形で食べてもらうことにしました。こうやって見ると大きさの違いがよく分かりますね。

さぁ、モコの食いつきはどうなのでしょうか?

おぉ~いい食いつきっぷりです!すごく喜んで食べてくれています。粒の大きさも硬さも問題ないようで、むしろよく噛んで食べていました。

基本何でも食べるモコなんですが、初めてのフードは大体様子を伺うんですよ。でもオリジンはそれがなかったので、モコにとってオリジンはよっぽど美味しい匂いなのかもしれません。

オリジンを食べた翌日のうんちは、軟便や下痢になることもなくとても健康的なうんちでした。また、オリジンを食べて吐いたり嘔吐することもなかったです。

オリジンドッグフード(340g)を試してみて分ったこと!

今回は一番小さい量のオリジンを試しましたが、それでもこのドッグフードは嗜好性が非常に高く、犬が楽しんで食事をできる商品であるということが十分に分かりました。

モコのような中型犬にとっても噛みやすい形状の粒だし(個体差はありますが)、噛むことが好きな犬ならオリジンのようなドッグフードはとても食べ応えあると思いますよ!

ちなみに、うんちも最後まで良い状態をキープしていました。今回の調査を通して、オリジンがとても消化の良いドッグフードであるということもよく知ることができました。

オリジンドッグフードを試して感じたことを3つのポイントでまとめてみました!

良質な肉や魚が豊富に含まれている!

オリジンのドライフードは、総量の85%が新鮮な肉や魚で作られています。タンパク質が38~44%と高めなので、運動をして脂肪を筋肉に変えたい犬や活動犬には最高のドッグフードと言えるでしょう。

炭水化物の量が制限されている!

オリジンは犬の健康を考え、炭水化物の量と種類にもこだわっています。低GI値食品を使って炭水化物の量を20%に制限しているため、血糖値や肥満が気になる犬にも食べさせやすい内容です。

合成添加物は亜鉛のみ!

そしてここもオリジンの良いところで、合成添加物はなんと亜鉛のみです(6フィッシュのみ亜鉛と銅)。新鮮な食材を丁寧に調理しているからこそ、実現できる内容と言えますね。

オリジンドッグフードの原材料と安全性を徹底分析!

次に、オリジンの原材料と安全性について分析していきたいと思います!ここでは一番人気の「オリジナル」に注目してみました。

そして当サイトの基準で、危険なものは赤危険じゃないけど気になるものは緑で表示しています。

新鮮鶏肉、新鮮七面鳥肉、新鮮イエローテイルカレイ、新鮮全卵、新鮮丸ごと大西洋サバ、新鮮鶏レバー、新鮮七面鳥レバー、新鮮鶏心臓、新鮮七面鳥心臓新、新鮮丸ごと大西洋ニシン、ディハイドレート鶏肉、ディハイドレート七面鳥肉、ディハイドレート丸ごとサバ、ディハイドレート鶏レバー、ディハイドレート七面鳥レバー、丸ごとグリーンピース、丸ごとシロインゲン豆、赤レンズ豆、新鮮チキンネック、新鮮鶏腎臓、ピント豆、ヒヨコ豆、グリーンレンズ豆、鶏肉脂肪、天然鶏肉風味、ニシン油、粉砕鶏骨、鶏軟骨、七面鳥軟骨、ドライケルプ、フリーズドライ鶏レバー、フリーズドライ鶏レバー、フリーズドライ七面鳥レバー、新鮮丸ごとカボチャ、新鮮丸ごとバターナッツスクワッシュ、新鮮ケール、新鮮ホウレン草、新鮮カラシ菜、新鮮コラードグリーン、新鮮カブラ菜、新鮮丸ごとニンジン、新鮮丸ごとリンゴ、新鮮丸ごと梨、カボチャの種、ヒマワリの種、亜鉛タンパク化合物、ミックストコフェロール、チコリー根、ターメリック、サルサ根、アルテア根、ローズヒップ、ジュニパーベリー、乾燥ラクトバチルスアシドフィルス菌発酵生成物、乾燥プロバイオティクス発酵生成物、乾燥ラクトバチルスカゼイ発酵生成物

4D 香料
粗悪成分 着色料
危険成分 保存料
やや危険成分 酸化防止剤 ミックストコフェロール
粗タンパク質 38%以上 オメガ3脂肪酸 0.8%以上
粗脂肪 18%以上 グルコサミン 700mg/kg
粗繊維 4%以下 コンドロイチン硫酸 600mg/kg
水分 12%以下 代謝エネルギー 3940kcal/kg
オメガ6脂肪酸 3.3%以上

新鮮鶏肉

オリジンに使われている鶏肉は、放し飼いされている新鮮な鶏のお肉です。そのため消化吸収が非常に良く、犬の健康を維持するために必要なタンパク質を豊富に含んでいます。

新鮮七面鳥

鶏肉同様、こちらも放し飼いにされている七面鳥の肉が使われています。七面鳥は鶏肉よりも低カロリーで、鉄分や亜鉛、銅などのミネラルが豊富に含まれています。

新鮮イエローテイルカレイ

大西洋産の天然イエローテイルカレイです。高タンパク低脂肪で、タウリンが豊富に含まれています。

編集部からのひとこと

オリジンの原材料などを確認したところ、副産物や穀物、そして余計な添加物が一切含まれていない非常に優秀なドッグフードであることが分かりました。

また本当に新鮮で良質な食材を粒にしているため、合成サプリメントは亜鉛のみ、または亜鉛と銅のみとなっています。添加物を気にする人にはとても適したドッグフード言えますね。

そして原材料を見ても分かるとおり、肉や魚などの動物性タンパク質の含有量が非常に多いです。ドライフードの比率は肉85%:野菜&フルーツ15%となっているため、消化に負担のかからない内容であることも分かります。

しかも、野菜やフルーツはすべて低炭水化物&低GI値。血糖値が急激に上がる食材が使われていないので、高血糖症や肥満の予防対策にも期待できるでしょう。

以上のことを踏まえただけでも、オリジンは犬という生物をよく考えて開発されたドッグフードであることが分かります。やたら高タンパクに仕上げているドッグフードが多い中、オリジンは食材の使い方ひとつも丁寧に考え抜かれているなと感じます。

ただしタンパク質がかなり高めなので、運動不足の犬や消化機能が衰えた犬、そして腎臓の機能が低下している犬に与える際は注意しましょう。

オリジンドッグフードの口コミや評判ってどうなの?

実際に、オリジンを愛犬に与えている飼い主さんの感想はどうなのでしょうか?口コミや評判をまとめてみました!

オリジンドッグフードの良い口コミ

柴犬7歳 / オス
5.0
これまでシュプレモの体重管理用をあげてましたが、栄養が足りないせいか皮膚が弱くなってしまいました。そこで思い切ってオリジンに切り替えたら今までにないぐらいの食いつきぶりで、皮膚もだんだん良くなってきたんです!これを機に、オリジンに完全移行しました。匂いも本物って感じです!
チワワ5歳 / メス
5.0
10種類くらいのドッグフードを試した結果、ようやく我が家のチワワに合うドッグフードに出会えました!食いつきも良く、うんちの調子も好調です。やっぱり評判いいだけあると思いました!ただオリジンだけだと体臭が心配なので、時々モグワンをローテーションしてバランスをとっています。
シェルティー6歳 / メス
4.5
夏になると食欲が落ちるうちのワンコですが、オリジンだけはしっかり食べてくれます!なのでもう手放せません。しかもトリマーさんからは毛艶がいいと毎回褒められるので、体質にも合っているんだな~と実感。来年以降はシニア用に切り替えていこうと思います。

ミニチュア・ダックスフンド8歳 / オス
4.5
グルメなワンコですが、オリジンにすると自分から喜んで食べてくれます。ちょっと価格は高めですが、栄養価も高く消化吸収率が高いフードなので給与量も少しで済みます。よく涙やけで悩まれている飼い主さんを見かけますが、まずはオリジンのような高品質なフードを選ばれるといいと思いますよ。

オリジンドッグフードの悪い口コミ

トイ・プードル7歳 / メス
2.0
いつもはアカナとカナガンをローテーションで与えています。今回オリジンを試しで買って与えてみたのですが、与え始めて3週間たった頃から体臭が強くなりました。しかもうんちが軟便(下痢ぎみ)になり、目やにも増える一方。いいフードなのは間違いないのでしょうけど、うちのワンコには合わないようです。
コーギー4歳 / オス
3-0 3.0
オリジンにしたら食糞をするようになりました。それだけいいドッグフードという証拠なんでしょうが、逆に目を離せなくなってしまい困りました。しかもオリジンって値上がりしたんですね?これならアカナの方がいいかな。とりあえずリピートはしないと思います。

オリジンドッグフードの口コミ・評判まとめ

オリジンの口コミを見ると、ほとんどの飼い主さんが満足していることが分かりました!いろんなドッグフードを試した結果、オリジンに落ち着くといった口コミがとても多かったです。

また、涙やけ、アレルギー、軟便や下痢が改善されやすい傾向にあり、いかにオリジンが犬の体質や消化器を考えられているフードかが伺えます。オリジンのような犬が本来必要とする食事に切り替えるだけで、薬要らずの健康的な毎日を送れるのかもしれませんね。

そして悪い評判に関しては、「価格が高い」「値上げにガッカリ」といった口コミがもっとも多かったですね。オリジンは2017年のリニューアル時に内容量を少し減らして値上げしたので、長年愛用していた飼い主さんたちからはショックが大きいようです。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

どこでオリジンを買うのがもっとも安いのか?「オリジナル」を基準に、公式サイト、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入 1,300円(340g)
6,000円(2kg)
14,500円(5.9kg)
21,000円(11.3kg)
1,263円(340g)
5,832円(2kg)
12,528円(5.9kg)
18,144円(11.3kg)
1,263円(340g)
5,832円(2kg)
12,528円(5.9kg)
18,144円(11.3kg)
送料 600円 2,000円以上は無料 店舗により異なる

オリジンドッグフードの価格はAmazonと楽天が安い!

調査した結果、オリジンの価格がもっとも安いのはAmazonと楽天であることが分かりました。公式サイトは定価なので高くなりますが、確実に正規品を買えるというメリットはあります。

激安オリジンドッグフードにはご注意を!

Amazonや楽天でオリジンを購入する際、あまりにも激安なオリジンには注意しましょう。並行輸入品あるいは賞味期限ギリギリである可能性が高く、実際に「カビが生えていた」「酸化して臭い」という口コミを時々見かけます。

できるだけオリジンの公式サイトで購入するか、あるいはペットショップや信頼できる正規品取り扱いの通販サイトで購入することを強くおすすめします。

オリジンドッグフードと当サイト一押しのモグワンで比較!

人気商品モグワンとオリジンにはどのような違いがあるのか、「内容量」「価格」「メイン食材」「穀物類」「添加物」などを比較してみました!

項目 モグワン オリジン
内容量 1.8kg 2kg
価格 3,564円 6,000円
100gあたりの価格 198円 300円
メイン食材 チキン&サーモン53% 新鮮鶏肉・新鮮七面鳥肉・新鮮イエローテイルカレイなど85%
穀物 グレインフリー グレインフリー
タンパク質 28% 38%以上
脂質 12% 18%以上
添加物 無添加 無添加
当サイト評価 Sランク Aランク
※モグワンは定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

モグワンとオリジンを比較して分ったことは、どちらも高品質で安全性の高い優秀ドッグフードであるということです。原産国は異なれど、どちらも新鮮な食材を丸ごと使用していることに変わりはありません。

ただオリジンの方がモグワンよりも肉の含有量が多いため、タンパク質と脂質がそれなりに高くなっています。運動をあまりしない犬やシニア犬にとっては逆に負担となる可能性がありますから、そんな時はモグワンのような商品を選ぶといいでしょう。

また、価格も異なってきます。給餌量を考えたらコスパはどちらも悪くありませんが、やはりお金に余裕がないとオリジンはキツイかもしれません。毎回オリジンじゃなくても、他のドッグフードとローテーションすることで価格も抑えることができますよ。

オリジンドッグフードはリニューアルをして何が変わったの?

オリジンは2017年の夏に大幅リニューアルをしました。何が変わったのかを以下にまとめてみましたので、参考にしていただけたらと思います。

  1. 原産国の変更
    カナダからアメリカのケンタッキー州へと変更になりました。
  2. 肉と野菜・果物の配合量の変更
    これまで肉80%:野菜果物20%だったのが、肉85%:野菜果物15%へと変更になりました。
  3. 添加するサプリメントの変更
    これまで数種類のビタミン・ミネラルを添加していましたが、亜鉛1種類へと変更になりました。
  4. 食材の変更
    高GI値の食材をなくし、低GI値食材のみの使用へと変更になりました。
  5. 容量と価格の変更
    容量が減り、価格が値上げしました。

ここで一番気になるのが、カナダからアメリカ産へと変更になったことではないでしょうか?確かにアメリカ産というだけで不安を覚えますよね…。

ところが公式サイトによると、原材料はすべてカナダ産の時と同じ基準と条件で仕入れて製造しているとのことです。そこは妥協しなかったようなので、原材料についてはとくに心配しなくても大丈夫です。

それと、添加するサプリメントが亜鉛1種類になったことについて。これは、調理法を変えたことで栄養分が失われずに済むようになったことが理由となります。

通常のドッグフードは、加工する時に食材の栄養分がほとんど失われています。なのでビタミンやミネラルがたくさん添加されているのですが、オリジンは旨味と栄養分を最大限に活かして加工しているため、亜鉛1種類の添加で済むようになりました。

パピーやシニア犬におすすめのオリジンドッグフードは?

ここで主に紹介しているオリジンの「オリジナル」は全年齢に対応していますが、他にも子犬やシニア犬専用のオリジンもあります。

商品名 対象年齢 特徴
パピー 子犬 小粒タイプ(直径約1cm)。妊娠中・授乳期の母犬にもおすすめ。
パピーラージ 子犬 大粒タイプ(直径約1.3cm)。妊娠中・授乳期の母犬にもおすすめ。
オリジナル 子犬~シニア犬 大粒タイプ(直径1.3cm)。鶏肉、七面鳥肉、イエローテイルカレイが主原料。
レジオナルレッド 子犬~シニア犬 大粒タイプ(直径1.3cm)。ビーフ、イノシシ肉、ヤギ肉が主原料。
ツンドラ 子犬~シニア犬 大粒タイプ(直径1.3cm)。ヤギ肉、イノシシ肉、鹿肉が主原料。
6フィッシュドッグ 子犬~シニア犬 大粒タイプ(直径約1.3cm)。肉類は魚のみを使用。
シニア シニア犬 大粒タイプ(直径約1.3cm)。高タンパクで低カロリー設計。
フィット&トリム 子犬~シニア犬 大粒タイプ(直径約1.3cm)。体重管理やダイエットをしたい時におすすめ。

とくにシニア犬に関しては、飼育環境や運動量によって「シニア犬用」をちゃんと与えた方がいいです。

オリジナルなどでも問題ありませんが、消化機能が落ちてくるシニア犬には肝臓や腎臓などの内臓に負担をかける恐れがあります。また、太ることも考えられるので注意が必要です。

オリジンとアカナの違いは?

オリジンとアカナの違いって分かりにくいですよね。どちらもチャンピオンペットフーズ社が販売しているので、よく姉妹ブランドとも言われているほどです。

ズバリ大きな違いを先に言うと、

オリジン 肉85%、野菜果物15%
アカナ 肉50~70%、野菜果物30~50%

になります。オリジンは肉の含有量が85%なのに対し、アカナは50~70%とシリーズによって異なります。よって、より高タンパクなのはオリジンであることが分かりますね。

なのでこの時点で分かることは、

オリジン 運動量がめちゃくちゃ豊富な犬向き。
アカナ 室内犬や運動量が平均的な犬向き。

ということです。

また、オリジンは9種類のドッグフードが用意されているのに対し、アカナは17種類です。アカナの方がタンパク源や目的別の種類が豊富なので、アレルギー対策に力を入れるならアカナの方がいいかもしれませんね。

ちなみにヒューマングレイドで安全性が高い点、炭水化物量が抑えられている点においてはどちらも共通です。

オリジンドッグフードのQ&A

オリジンにはお試しサンプルってある?

オリジンには無料で試せるサンプルはありませんが、50gサイズのオリジンが販売されているのでそちらを購入すると良いでしょう。ペットショップや楽天などで購入可能です。

オリジンのトリーツにはどんな種類があるの?

オリジンにはフリーズドライトリーツ(おやつやご褒美として使えるもの)があり、その種類は全部で4つです。

  • オリジナル:100%純粋肉(鶏肉、七面鳥、カレイ)
  • 6フィッシュ:100%純粋魚
  • フリーラン・ダック:100%純粋鴨肉
  • ワイルドボア:100%純粋肉(イノシシ肉、豚肉)

オリジンにウェットフードはある?

オリジンにはウェットフードの取り扱いはありません。

オリジンの正規代理店や正規品取扱店はどこ?

日本のオリジン正規輸入代理店は「株式会社OrijenJAPAN」という会社になります。正規品は楽天やamazonでも購入できますが、並行輸入品や偽物の可能性もあるので気をつけましょう。

できるだけオリジンの公式サイトで購入するか、あるいは正規品を取り扱っているペットショップ(イオンなど)や信頼できる正規代理店で購入することをおすすめします。

オリジンドッグフードの基本情報

ドッグフードの形状 ドライフード
内容量 340g、2kg、5.9kg、11.3kg
※パピーラージのみ5.9kgと11.3kgの2サイズ
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 1,300円(340g)
6,000円(2kg)
14,500円(5.9kg)
21,000円(11.3kg)
100gあたり価格 300円
販売会社 champion petfoods
公式サイト http://www.orijen.net/
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で158商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全158商品】ドッグフードの総合ランキングを見る