158商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

コストコのカークランドドッグフードの口コミ評判!安全性や評価は?

ここでは、コストコ限定ブランド「カークランドシグネチャー」から販売されているドッグフード「スーパープレミアムドッグフード・ラム」の安全性や口コミ評判を徹底分析していきます!

項目 詳細
商品ランク Cランク
※S~Eランクは【全158商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
主原料 3.5
グレインフリー 2.0
無添加 4.0
安全性 4.0
コスパ 5.0
内容量 18.14kg
価格 5,479円 ※Amazon参考価格
100gあたり価格 30円
対応年齢 全年齢対応
原産国 アメリカ
編集部からの評価

カークランドは、当サイトでCランクのドッグフードです。18.14kgという大容量なのにも関わらず、主原料にラム肉を使ってかなり頑張っています。ふつうこの手のドッグフードなら、トウモロコシや小麦などの穀類が主原料にきてもおかしくありません。価格の割にはいい商品でしょう。しかし残念ながら、好ましくない原料の使用がやや目立ちます。素材のグレードも分からないため、安全性に不安が残るドッグフードです。

カークランドドッグフードの原材料と安全性を徹底分析!

まず初めに、カークランド「スーパープレミアムドッグフード・ラム」の原材料と安全性について分析していきたいと思います!

当サイトの基準で、危険なものは赤危険じゃないけど気になるものは緑で表示しています。

ラム、ラムミール、玄米、米ぬか、米、卵類、精製麦、鶏脂、ビートパルプ、ジャガイモ、フィッシュミール、フラックスシード、調味料、イースト、キビ、えんどう豆、ニンジン、ケルプ、リンゴ、スキムミルク、クランベリーパウダー、塩化カリウム、食塩、塩化コリン、ミネラル類、ビタミン類、ローズマリーエキス、グルコサミン/コンドロイチン、パセリ、チコリールート

4D ラムミール・フィッシュミール 香料
粗悪成分 着色料
危険成分 調味料 保存料
やや危険成分 ビートパルプ 酸化防止剤 ローズマリーエキス?
粗タンパク質 23.00%以上 粗灰分 7.50%以下
粗脂肪 14.00%以上 水分 10.00%以下
粗繊維 4.00%以下 代謝エネルギー 365kcal/100g

ラムミール・フィッシュミール

基本的にミートミールは、肉副産物(内臓・爪・羽・トサカ・骨など)をすりつぶしたものになります。つまり食肉以外の栄養価が低い部分です。

中には肉副産物を使っていないメーカーもありますが、カークランドに関しては一切言及されていません。よって、危険な肉副産物が使われている可能性があります。

ビートパルプ

ビートパルプは、甜菜から砂糖を抽出した後に残ったカスのこと。製造過程に硫酸系の薬剤を使用している可能性があり、カークランドについてはその情報が公開されていないため不安が残ります。

調味料

カークランドに使われている調味料については、どこを探しても詳細が見つかりませんでした。よって何のために、そしてどんな調味料が使われているのかは謎のままです。

編集者からのひとこと

カークランドは「ラム肉を使っていて低価格!」ということで太鼓判を押せるドッグフードではありますが、よく見ると原材料に不安の残るドッグフードであることが分かりました。また、素材のグレードに関しても説明がありません。

穀物においては、小麦やとうもろこしを使っているわけではないのでまだいいでしょう。しかし種類が多いうえに使用目的がハッキリとしていないないため、安価な穀物がカサ増し目的で使われている可能性があります。

これだけ多くの炭水化物が使われていますから、消化機能が悪い犬、お腹が緩くなりやすい犬、何かしらアレルギーのある犬に与える際は注意した方が良さそうです。

それと、ミートミールビートパルプもマイナスポイントですね。どんな状態どの部位を使っているのか全く分からないため、4Dミートあるいは質の悪い副産物が使われていると思われても仕方がありません。

あとは調味料。果たして何を使っているのでしょうか?そもそも新鮮食材を丁寧に調理していれば調味料も香料も不要なので、やはりカークランドの品質に疑問が残ります。

とはいえ、日本でよく見かける安いドッグフードよりはまだいいでしょう。当サイトでE・Fランク評価をしている商品を与えるなら、カークランドを食べさせた方がまだ安心と言えます。

カークランドドッグフードの口コミや評判ってどうなの?

実際にカークランドを愛犬に食べさせている飼い主さんたちの反応はどうなのでしょうか?口コミや評判をまとめてみました!

カークランドドッグフードの良い口コミ

柴犬4歳 / メス
4.0
うちのワンコはよく噛まずに飲み込んでしまうのですが、こちらの商品にしてからはちゃんと噛んで食べてくれるようになりました。粒の大きさが丁度いいです。便通と体調も良いのでリピします。
ラブラドール・レトリバー11歳 / メス
5.0
価格がお手頃なのに評価も高めなので、ドッグフードの消費が早い我が家にピッタリだと思って初めて購入してみました。とくに食べ残しもすることなく、毎回ペロリと平らげてくれます。便の調子もいいですよ♪
ゴールデン・レトリバー6歳 / オス
4.5
みなさんが言うように、これは価格の割に良い商品だと思います。うちは大型犬を2匹飼っているので、この容量にはほんと助かってます。コストコに行けなくてもAmazonで買えるのがありがたいですね。

カークランドドッグフードの悪い口コミ

トイ・プードル5歳 / オス
3.0
ラム肉を使っていてこの価格なので購入してみましたが、うちのワンコには大容量すぎて逆に保存に困りました…。とりあえず真空パックにできる機械と脱酸素剤を買って対応。小型犬にカークランドを買う時は、保存方法をよく考えてから買った方がいいですよ。
ミニチュア・ダックスフンド7歳 / メス
2.5
このフードに変えてから1ヶ月が経ちます。とくに食べ残しはしないのですが、これといって嬉しい変化があるわけではありません。むしろうんちが少し臭くなって、体臭もきつくなったような気がします。
コーギー9歳 / メス
2.0
う~ん…なんでしょう。我が家のワンコには合いませんでした。初日は食べてくれたのですが、次の日は一口食べてプイしました。それから全然食べてくれません。何か変なものでも入っているのかな?とちょっと疑わしくなりました。

カークランドドッグフードの口コミ・評判まとめ

カークランドの口コミを調査したところ、良い口コミと悪い口コミが半々くらいであることが分かりました。

まず良い口コミに関しては、「大容量なので助かる」「原材料の割には価格が安い」「保護犬団体への寄付に」といった声が多いですね。やはり容量が大きくて安いから、大型犬や多頭飼い、そして保護団体への寄付にかなり役立っているようです。

そして悪い口コミに関しては、「大きいから保存方法に困る」「小型犬には食べづらい」「原材料がやや不安」といった口コミが目立ちました。たしかに小型犬には大きすぎるので、買う時は誰かとシェアするといいかもしれません。

ちなみに、カークランドで涙やけやアレルギーが良くなったという体質改善系の口コミはありませんでした。どちらかというとコスパ重視のドッグフード(食べれれば何でもいい系のフード)ですね。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

どこでカークランドを買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入 5,479円 5,590円
送料 2,000円以上は無料 店舗により異なる

カークランドドッグフードの価格はAmazonも楽天もほぼ一緒!

調査した結果、カークランドの価格はAmazonも楽天もほぼ同じであることが分かりました。公式サイトでの販売はありません。

カークランドドッグフードはコストコで買った方が安心!?

実は、コストコで直接購入したカークランドであれば、食べかけでも返品することが可能だそうです。Amazonや楽天で購入した場合にはそういうわけにもいかないので、もし初めて愛犬に与えることが不安であれば、直接コストコで購入する方がいいのかもしれません。

カークランドドッグフードと当サイト一押しのモグワンで比較!

人気商モグワンとカークランドにはどのような違いがあるのか、「内容量」「価格」「メイン食材」「穀物類」「添加物」などを比較してみました!

項目 モグワン カークランド
内容量 1.8kg 18.14kg
価格 3,564円 5,479円
100gあたりの価格 198円 30円
メイン食材 チキン&サーモン53% ラム肉・ラムミール
穀物 グレインフリー 玄米・米ぬか・米・精製麦・キビ
添加物 無添加 調味料
当サイト評価 Sランク Cランク

カークランドとモグワンを比較してみて分かったのは、原材料のラインナップ、素材のグレード、炭水化物の種類など、あらゆる点で違いがハッキリしていることが分かりました。

簡単にまとめると、まず値段や容量においてはカークランドの方が圧倒的にいいです。大型犬や多頭飼いには間違いなく重宝するドッグフードと言えるでしょう。

しかし品質や安全性を考えた時に、モグワンのようにヒューマングレイドの原料を使ったドッグフードには敵いません。そこがカークランドの欠点とも言えます。

つまり分かりやすく言うと、コスパを重視するならカークランド、品質や安全性を重視するならモグワンと言った感じです。

あとは炭水化物の種類にも注目してみましょう。カークランドは穀物種類+ジャガイモを使っているのに対し、モグワンは穀物アレルギーに配慮してサツマイモやエンドウ豆などを使用しています。

どちらが愛犬に適しているのかは、愛犬の体質や健康状態、そしてライフスタイルとよく相談しながら決められるといいですよ。

カークランドドッグフードの給餌量について

カークランドの1日あたりの給与量の目安は以下の通りです。

体重 目安量
~4.5kg 53~80g
4.5~9kg 80~120g
9~13.5kg 120~160g
13.5~18kg 160~213g
18~27kg 213~280g
27~36kg 280g~347g
36~45kg 347~400g

子犬の場合

子犬は毎日成長するため、こまめに体重を測った上で給餌量を参考にするようにしましょう。月齢だけで判断してしまうと、栄養過多や栄養不足の原因となってしまいます。

成犬の場合

成犬は、15kgまでは体重の1.2%程度、15kg以上は1%程度の給餌量が目安と言われています。ただし個体差や運動量によっても大幅に変わるため、体重と照らし合わせながらコントロールするようにしましょう。

老犬の場合

老犬は、成犬に与える量よりも20~30%程減らした量を与えることが鉄則です。運度量、そして消化能力も落ちているため、食べ過ぎると内臓や消化器官に負担をかけてしまいます。

ここで紹介した給餌量はあくまでも目安で、運動量・体調・生活環境によって必要なエネルギー量が変わります。給餌量が合っているかどうかはうんちで分かるので、うんちが柔らかければ量を減らす、硬ければ量を増やすといった感じで調整して下さい。

カークランドドッグフードはパピーやシニア犬に与えても大丈夫?

カークランドのドッグフードには「子犬用 チキン&ライス&ベジタブル(9.07kg)」もあります。子犬に与えたい時は、こちらのカークランドを購入するといいでしょう。

ちなみに、シニア犬用は今のところ取り扱いがないようです。もしも引き続き成犬用を与えるのであれば、獣医さんに相談した上で給餌量をコントロールしながら与えるようにしましょう。

カークランドドッグフードは小型犬でも食べれる?

ここで紹介したカークランドは小型犬でも食べれるようですが、粒が大きいので「食べづらそう」「吐き出す」という口コミを度々見かけます。

もし小型犬に与えるのであれば、小型犬専用の「スーパープレミアムドッグフード 小型犬用 チキン&ライス&ベジタブル(9.07kg)」をおすすめします。

カークランドドッグフードの種類について

ここで紹介した「成犬用 ラム&ライス&ベジタブル」以外にも、カークランドのドッグフードには他にどんな種類があるのか見ておきましょう。

  • スーパープレミアムドッグフード 成犬用 ラム&ライス&ベジタブル(18.14kg)
  • スーパープレミアムドッグフード 子犬用 チキン&ライス&ベジタブル(9.07kg)
  • スーパープレミアムドッグフード 成犬用 チキン&ライス&ベジタブル(12kg)
  • スーパープレミアムドッグフード 小型犬用 チキン&ライス&ベジタブル(9.07kg)
  • ネイチャーズドメイン サーモン&ポテト(15.87kg)

ラム以外にもチキンやサーモンを主原料としたドッグフードもあるので、愛犬の体質や好みに合わせて選べるのは嬉しいですね。

カークランドドッグフードのQ&A

カークランドドッグフードにはグレインフリーの商品はある?

カークランドのドッグフードの中で、唯一「ネイチャーズドメイン サーモン&ポテト(15.87kg)」が穀物不使用になります。原材料は以下のとおりです。

【原材料】
サーモンミール、サツマイモ、えんどう豆、ジャガイモ、キャノーラオイル、ジャガイモ繊維質、フィッシュミール、えんどう豆タンパク、調味料、フラックスシード、食塩、ミネラル類、ビタミン類、塩化コリン、チコリールート、ラズベリー、トマト、ブルーベリー、ユッカエキス、プロバイオティクス類

カークランドドッグフードにはターキー主原料の商品はある?

ドライフードにターキー主原料のドッグフードはありませんが、缶詰(ウェットタイプ)での販売はあるようです。商品名が「ネイチャーズドメイン ターキー&ビーシチュー ドッグフード」で、1缶当たり374gになります。

カークランドドッグフードの基本情報

ドッグフードの形状 ドライフード(直径約1cm)
内容量 18.14kg
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 5,479円 ※Amazon参考価格
100gあたり価格 30円
販売会社 コストコホールセールジャパン株式会社
公式サイト http://www.costco.co.jp/p/?lang=ja
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で158商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全158商品】ドッグフードの総合ランキングを見る