158商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

ファインペッツドッグフードを試した私の口コミ!評判&安全性も評価

ファインペッツは、肉類原材料割合80%、消化率87%を誇るオランダ産のドッグフードです。そんなファインペッツの安全性や口コミ評判を徹底的に分析していきます!

項目 詳細
商品ランク Aランク
※S~Eランクは【全158商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
主原料 5.0
グレインフリー 4.0
無添加 5.0
安全性 5.0
コスパ 3.5
内容量 1.5kg、4kg、8kg、16kg
価格 初回お試し:1,080円(1.5kg)
通常購入:3,394円~
定期購入:3,394円~
100gあたり価格 226円
対応年齢 全年齢対応
原産国 オランダ
編集部からの評価

ファインペッツは、当サイトでAランクのドッグフードです!原材料にはすべてヒューマングレイドの食材が使われており、副産物や危険な添加物、そして中国産原料は一切使われていません。また消化率が高いこともあり、涙やけや被毛トラブル対策にいいドッグフードであることが口コミから分かりました。ただし、ファインペッツには3種類の穀物が使われています。穀物アレルギーが心配な場合は、グレインフリーの「ファインペッツ極」を検討してみるといいでしょう。

目次

実際にファインペッツドッグフードを購入してみました!

それでは早速、ファインペッツのレビューをしていきましょう!

今回はお試しということで、初回限定のお試しファインペッツ(小粒)を注文してみました。1.5kgを1,080円でお試しできるのは非常にありがたいですね!

まずはフードのニオイや粒を確認していきます。ファインペッツにはちゃんとジッパーがついていますね。これがないと保存方法に困るから結構不便なんですよ…。

そして気になる匂いはというと、魚のみりん干しのようないい匂いがします。臭いと感じることは全くないですね。鹿肉臭さもありません。

粒はこんな感じ。さすが小粒(約5mm)とあって本当に小さいです。コロコロと丸い形をしていますね。

1円玉と比較するとその小ささがよく分かるかと思います。小型犬や顎の弱いシニア犬でも問題なく食べれそうな大きさです。

それでは次に、早速ファインペッツを器に盛っていきましょう!

愛犬モコに鹿肉入りのドッグフードを食べさせるのは初めてなので、お腹がビックリしないよう、初日はいつも食べさせているモグワンと混ぜることにしました。割合はモグワン8:ファインペッツ2です。

さぁ、モコの食いつきはどうでしょうか?

おぉ~かなり喜んで食いついています!モコは餌の匂いで食いつかないことも多々あるのですが、ファインペッツはどうやらお気に入りのようでペロッと平らげてくれました♪

でもモコの場合、大粒でも良かったかな?これだと小粒すぎて、逆になんだか食べにくそうな様子でした。

とりあえず初日は、ファインペッツで体に異常が出ることも嘔吐することもありませんでした。翌日のうんちは緩くなることもなく、ちゃんと健康的なうんちをしていました。モコは鹿肉との相性もいいようです。

ファインペッツドッグフードを1袋食べさせてみて分ったこと!

その後、少しずつファインペッツの量を増やして切り替えてみました。初めの頃は毎日喜んで食べていたのですが、途中から食いつきにムラが出て時々残すことがありましたね。

これが粒のせいなのか、あるいは匂いや味のせいなのかは分かりません。ただ、終始食べにくそうにしていたのは確かでした。個体差はありますが、もしかしたらモコのような中型犬には大粒のファインペッツの方がいいのかもしれません。

でも毎日のうんちが良好で量も少なめだったので、消化に良いドッグフードであることは間違いないようです!穀物が入っているからといってお腹が緩くなることもありませんでした。

ファインペッツは複数のタンパク源が使われているので食物アレルギー対策にはあまりおすすめできませんが、いろんなタンパク源から栄養を摂りたい場合にはかなりおすすめできるドッグフードです!

ファインペッツドッグフードを試して感じたことを3つのポイントでまとめてみました!

消化吸収が良いからうんちも健康的!

ファインペッツは消化率87%と言われているだけあり、本当に消化吸収の良いドッグフードだなと感じました。それは毎日のうんちを見ると分かるほどで、量が減りましたし、何よりバナナくらいの理想的な硬さをキープしていました。

複数のタンパク源から栄養を摂れる!

ファインペッツは、鹿肉・鶏肉・鮭肉の3種類のタンパク源から同時に異なる栄養素を補うことができます。食物アレルギー対策には向きませんが、いろんなお肉を食べさせておきたい場合におすすめです。

原材料はすべてヒューマングレイド!

公式サイトでも述べられていますが、ファインペッツには人間が食べられる良質な原料のみが使われています。副産物、人工添加物、中国産原料は一切入っていません。

ファインペッツドッグフードの原材料と安全性を徹底分析!

それでは次に、ファインペッツの原材料と安全性を細かく分析していきます。

当サイトの基準で、危険なものは赤危険じゃないけど気になるものは緑で表示しています。

鹿肉、鶏肉、オートミール、大麦、全粒米、鶏脂、グリーンピース、ポテト、豆類繊維質、リンゴ、サーモン、鶏レバー、サーモンオイル(オメガ3・オメガ6)、チコリ抽出物、フラクトオリゴ糖、マンナンオリゴ糖、フラックスシード、ビール酵母、全卵粉、昆布、パセリ、ローズマリー、セイヨウイラクサ、カモマイル、セージ、タイム、コリアンダー、セイヨウタンポポ、甘草、魚介類抽出物(グルコサミン0.03%)、ユッカシジゲラ抽出、コンドロイチン0.01%

4D 香料
粗悪成分 着色料
危険成分 保存料
やや危険成分 酸化防止剤 天然ビタミンE(d-αトコフェロール)
粗タンパク質 27.1% 粗繊維 4.5%
粗脂肪分 16% 水分 8%
灰分 8.2% 代謝エネルギー 440kcal/100g

鹿肉

ここで使われている鹿肉はニュージーランド産です。鹿肉は高タンパク質・低アレルギーで、アレルギー対策にも向いています。

オートミール

オートミールはオーツ麦(燕麦)を食べやすく加工したもの。全粒穀物で精製されていないので、食物繊維、ビタミンやミネラル類が豊富に含まれています。小麦やトウモロコシよりもアレルギーになりにくく、肥満のリスクも低い穀物です。

大麦

大麦は消化吸収されやすい穀物で、米の10倍以上の食物繊維を含んでいます。ビタミンやミネラル、ポリフェノールなども豊富です。

編集者からのひとこと

ファインペッツの原材料などを確認したところ、副産物や余計な添加物、そして中国産原材料が一切使われていない良好なドッグフードであることが分かりました。原材料に使われている食材等もすべてヒューマングレイドなので安心です。

また、犬の消化器官に負担をかけるような原料も入っていません。どれもお腹に優しい食材・成分なので、消化不良が起きやすい犬や消化機能が落ちてきている犬にも食べさせやすいドッグフードだなと感じました。

それに、腸活に良いとされるオリゴ糖も配合されています。善玉菌が減りやすくなるシニア犬や代謝機能が悪い犬にはぜひ食べさせておきたい内容ですね。

あと油も素材もちゃんと分かるので安心です。とくにサーモンオイルはオメガ3脂肪酸が豊富に含まれているので、皮膚・被毛トラブルに悩む犬にはできるだけ与えておきたいものです。

ただし、ファインペッツは食べたら食べた分だけ栄養素がしっかりと消化吸収されるので、その分カロリーが高めになっています。一般的なドッグフードのように与えてしまうと太ってしまう恐れがありますから、給餌量だけは気をつけるようにしましょう。

あと穀物アレルギーにも注意して下さい。どれも低アレルゲンなのでさほど心配はいりませんが、アレルギー体質の犬に食べさせる際は注意した方が良いでしょう。

気になる場合は、穀物を一切使っていない「ファインペッツ極」を検討されてみるのもいいと思います。

ファインペッツドッグフードの口コミや評判ってどうなの?

ファインペッツはなかなか評判のいいドッグフードですが、実際のところはどうなんでしょう?愛犬に与えている飼い主さんの感想をまとめてみました!

ファインペッツドッグフードの良い口コミ

柴犬6歳 / メス
4.0
数ヶ月前からやたら皮膚をかゆがるようになり、検査したところ皮膚アレルギーが判明。それからは餌選びも慎重になり、とりあえず消化性がとても良さそうなファインペッツを選択しました。食べ始めて早2ヶ月ですが、以前ほどかゆがる様子を見せません。やっぱり餌もアレルギーに関係してるんだなと実感した次第です。
ゴールデン・レトリバー8歳 / オス
5.0
シニア期に入ってから夏バテをするようになり、食欲が一気に落ちてしまいました。獣医さんに相談したら「餌を変えてみるといい」というアドバイスをいただいたので、お手頃価格のファインペッツを購入。いつもの餌に混ぜてみたら喜んで食いつき、見事に完食!本人はかなり気に入ったようで、おかげで食欲も戻って毛並みも復活しました。
ミニチュア・ダックスフンド4歳 / オス
4.5
お試しから始めてもう1年です。ファインペッツのおかげなのか、毛並みがいい状態に保たれ、気になっていた涙やけも改善されました。とりあえずうちの子に合っているので、このまま継続して食べさせていきたいと思います。
トイ・プードル11歳 / メス
5.0
うちの子はとにかく涙やけが酷くて、これまでにいろんなドッグフードを試しては与えてみました。その中で一番合っていると感じたのはファインペッツです。こちらを食べていると目やにが出ないし、涙が溢れるといったこともありません。

ファインペッツドッグフードの悪い口コミ

チワワ5歳 / オス
2.0
ファインペッツを食べさせている飼い主さんが多いので、我が家でも試しに買って食べさせてみました。食いつきも良くて残したりはしないんだけど、うんちが緩くなります。あげすぎなのかなぁ?
ポメラニアン8歳 / メス
3.0
涙やけ対策にとこちらの商品を選んでみましたが、とくに改善される様子は見られないです。まだ与えて2週間だから何とも言えませんが…もうちょっと様子見てみます。とりあえず気に入って食べてくれてるので。

ファインペッツドッグフードの口コミ・評判まとめ

ファインペッツの口コミをブログやSNSなどで調査したところ、全体的に評判の良いドッグフードであることが分かりました!悪評という悪評はさほどなかったように思います。

とくに良い口コミで多かったのは「涙やけ/アレルギーが良くなってきた」「毛並みが良くなった」という声です。ファインペッツがいかに消化されやすく、かつ良い原料を使っているのか分かる内容ですね。

その一方で「うんちが緩くなる」といった声もありました。もしかしたら体質に合わない原料が入っていたり、あるいは給餌量が多すぎることが原因かもしれませんね。

ちなみに、ファインペッツは2016年にリニューアルしていて(ラム肉から鹿肉へ変更)、それ以降ユーザーも増えてきている傾向にあるようです。もともと鹿肉を使ったドッグフードが少ないですから、ローテーション用やアレルギー対策用としても高い人気があるようですよ。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

どこでファインペッツを買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

公式サイト Amazon 楽天
初回購入 1,080円(1.5kg)
定期購入 3,394円(1.5kg)
6,995円(4kg)
13,886円(8kg)
24,686円(16kg)
※回数を重ねるごとに割引あり
通常購入 3,394円(1.5kg)
6,995円(4kg)
13,886円(8kg)
24,686円(16kg)
送料 500~1,200円
※3kg以上は無料
※小粒と大粒は同じ価格です。

ファインペッツドッグフードが購入できるのは公式サイトのみ!

調査した結果、ファインペッツが購入できるのは公式サイトのみであることが分かりました。Amazonや楽天などの通販サイトでの取り扱いはありません。

初回限定でファインペッツ1.5kgを1,080円で購入できる!

公式サイトなら、初回に限りファインペッツ1.5kgを1,080円(税込)でお試し購入することができます!これなら気軽に他のドッグフードとの比較もできますね。

オートシッププログラム(定期便)でお得に購入!

ファインペッツには、購入回数を重ねるごとに割引率が高くなっていく「オートシッププログラム」というお得な定期便システムがあります。

10回目は10%割引、20回目は20%割引…といった感じで割引されていき、100回目以降はなんと10回目ごとに100%割引、つまり無料でゲットできるという太っ腹ぶり!

毎月決まった日じゃなくても、最短7日~最長90日の周期で届くよう指定することも可能。愛犬のライフスタイルに合わせやすいのもオートシッププログラムの魅力でしょう。

オートシッププログラム(定期便)は途中解約・変更が可能!

オートシッププログラムは、途中解約やお届け日の変更がいつでも可能です!もちろんそれに対しての手数料や催促の電話なども一切ありませんよ。

ただし、次回のお届け予定日から5日前までに解約や変更の申し出をすることが条件になります。

ファインペッツドッグフードと当サイト一押しのモグワンで比較!

人気商品モグワンとファインペッツにはどのような違いがあるのか、「内容量」「価格」「メイン食材」「穀物類」「添加物」などを比較してみました!

項目 モグワン ファインペッツ
内容量 1.8kg 1.5kg
価格 3,564円 3,394円
100gあたりの価格 198円 226円
メイン食材 チキン&サーモン53% 鹿肉&鶏肉&鮭肉80%
穀物類 グレインフリー オートミール・大麦・全粒米
添加物 無添加 無添加
当サイト評価 Sランク Aランク
※定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

ファインペッツとモグワンですが、どちらもヒューマングレイドの素材を使用した良好なドッグフードです。余計な添加物や副産物などを使っていない点も共通です。

大きく異なる部分だけを取り上げるとするならば、動物性タンパク質の配合比率と炭水化物の種類ではないでしょうか。

ちなみに、肉類原材料の割合が高いのはファインペッツになります。しかし生肉を使用しているかどうかまでは不明であるため、この辺りは生肉も使用しているモグワンの方が栄養価は高いかもしれません。

しかし、ファインペッツは鹿肉という珍しいタンパク源も使っています。鶏肉と鮭肉以外のお肉からも栄養を摂れるという点では強みでしょう。

そして次に炭水化物の種類。ファインペッツは炭水化物源に穀物を使用しているのに対し、モグワンは穀物アレルギーに配慮してサツマイモやエンドウ豆などを使っています。

穀物アレルギーが気にならなければファインペッツでも十分ですが、気になる場合はやはりモグワンのようなグレインフリードッグフードを選ばれた方がいいでしょう。

ただ、当サイトとしてはどちらも本当におすすめできるドッグフードです。最終的には愛犬の健康状態やライフスタイルとよく相談しながら適した方を選ばれることをおすすめします。

ファインペッツドッグフードは犬の涙やけにいいの?

ファインペッツで涙やけが治るとは言い切れませんが、食べ続けることで涙の質が良くなったり、涙が目から溢れるといった症状が改善されやすい傾向にはあるようです。

実際に「涙やけが気にならなくなった」「目の周りが汚れなくなった」という口コミもあるほどですから、何かしら良い変化が起きやすいのは確かなのでしょう。

それについて考えられる理由はちゃんとあって、それはファインペッツが犬にとって消化しやすく、涙やけの原因となる添加物や低品質な食材が一切含まれていないからです。

基本的に、品質の良い原料を使っているドッグフードは犬にとって消化吸収が良いです。毎日食べても体内に老廃物が溜まりにくいため、結果として涙にも良い変化が起きやすいのです。

つまり、涙は食べる物の影響を受けやすいということ。まともな食事をしている犬ほど、涙やけが起きにくい傾向にはあるようです。

神様
ただし、涙やけは必ずしも食事が原因とも限らないぞ!中には遺伝や鼻涙管などの異常が原因の場合もある。必ず動物病院で検査を受け、その上で適切な対策をしよう。

ファインペッツドッグフードは子犬や老犬に与えても大丈夫?

ファインペッツは全犬種・全年齢に対応しているフードです。子犬(パピー)~老犬(シニア犬)にはもちろんのこと、妊娠・授乳中の母犬にもおすすめの内容となっています。

とくに子犬や妊娠・授乳中の母犬には、一般的な成犬以上に栄養が必要となります。あまりにも栄養価の低いドッグフードを与えると成長や胎児に悪影響を及ぼすため、むしろファインペッツぐらい高栄養価な食事が理想的です。

ただし老犬の場合は、運動量が減ってしまうことによる腎臓代謝の悪化が考えられます。もしもファインペッツを食べて体重が増えてくるようであれば、給与量を減らすなどの工夫をとるようにしましょう。

ファインペッツドッグフードの給餌量は1日どれくらい?

ファインペッツの給餌量は、年齢や体質・体重によって変わってきます。

子犬の場合

子犬は毎日成長するため、こまめに体重を測った上で給餌量を参考にするようにしましょう。月齢だけで判断してしまうと、栄養過多や栄養不足の原因となってしまいます。

成犬の場合

成犬は、15kgまでは体重の1.2%程度、15kg以上は1%程度の給餌量が目安と言われています。ただし個体差や運動量によっても大幅に変わるため、体重と照らし合わせながらコントロールするようにしましょう。

老犬の場合

老犬は、成犬に与える量よりも20~30%程減らした量を与えることが鉄則です。運度量、そして消化能力も落ちているため、食べ過ぎると内臓や消化器官に負担をかけてしまいます。

ここで紹介した給餌量はあくまでも目安で、運動量・体調・生活環境によって必要なエネルギー量が変わります。給餌量が合っているかどうかはうんちで分かるので、うんちが柔らかければ量を減らす、硬ければ量を増やすといった感じで調整して下さい。

ファインペッツドッグフードのQ&A

「ファインペッツ」と「ファインペッツ極」の違いは?

ファインペッツは肉類原材料80%(鹿肉・鶏肉・鮭肉)なのに対し、ファインペッツ極肉類原材料90%(アヒル肉・ニシン)とより高タンパクなドッグフードになっています。またファインペッツ極の特徴として、穀物が一切使われていないことがあります。

ファインペッツドッグフードの賞味期限は?

ファインペッツの賞味期限は、開封後3ヶ月が目安となります。ただし湿気が多い時期や夏場は、1ヶ月を目安に使い切るようにしましょう。

ファインペッツドッグフードの保存方法は?

開封・未開封に関わらず、高温多湿の場所を避けて冷暗所に保管しましょう。

ファインペッツドッグフードは市販されてる?販売店は?

ファインペッツの取り扱いは、現在公式サイトのみとなっています。店頭販売になるとどうしても品質管理上の問題が出てくるため、エヴリワンズ(ファインペッツの販売会社)では自社倉庫で直接管理しながら販売を続けているそうです。

ファインペッツドッグフードの基本情報

ドッグフードの形状 ドライフード
(大粒約12mm/小粒約5mm)
内容量 1.5kg、4kg、8kg、16kg
初回購入価格 1,080円(1.5kg)
定期購入価格 3,394円(1.5kg)
6,995円(4kg)
13,886円(8kg)
24,686円(16kg)
※割引あり
通常価格 3,394円(1.5kg)
6,995円(4kg)
13,886円(8kg)
24,686円(16kg)
100gあたり価格 226円
販売会社 株式会社エヴリワンズ
公式サイト https://www.finepets.jp/
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で158商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全158商品】ドッグフードの総合ランキングを見る