158商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

クプレラドッグフードの口コミや評判は?成分の安全性や評価を解説!

クプレラは、プロバイオティクスや酵素の配合にこだわったオーストラリア産のドッグフードです。そんなクプレラの安全性や口コミ評判はどうなのか?徹底的に分析していきます!

項目 詳細
商品ランク Bランク
※S~Eランクは【全158商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
主原料 4.0
グレインフリー 5.0
無添加 5.0
安全性 5.0
コスパ 2.5
内容量 200g、700g、1.5kg、6kg
※プレミアム・ベニソンの場合
価格 1,150円(200g)
3,220円(700g)
5,520円(1.5kg)
17,680円(6kg)
100gあたり価格 368円
対応年齢 全年齢対応
原産国 オーストラリア
編集部からの評価

クプレラは、当サイトでBランクのドッグフードです。原材料はヒューマングレイドの食材のみが使われており、危険な合成添加物や副産物などは一切含まれていない良好なドッグフードであることが分かりました。口コミでは「アレルギー症状が緩和した」という声が多かったです。ただし「ホリスティックグレインフリー」と「パピー用」以外は全体的に栄養価が低いため、フードの選び方には十分注意した方が良いでしょう。

クプレラドッグフードの原材料と安全性を徹底分析!

まず初めに、クプレラの原材料と安全性について分析していきたいと思います!ここでは「プレミアム・ベニソン」に注目してみました。

そして当サイトの基準で、危険なものは赤危険じゃないけど気になるものは緑で表示しています。

鹿肉、 サツマイモ、 タピオカ、 フラックスシード、 ニンジン、 パパイヤ、 リンゴ、 ユッカ、 タウリン、 活性酵素、 プロバイオティクス( 好酸性乳酸桿菌、 機能性酵母、 陽性桿菌)、 多糖類、 必須アミノ酸( アルギニン、ヒスチジン、ロイシン、イソロイシン、バリン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、スレオニン、トリプトファン)、 ビタミン&キレートミネラル( カロチン、 塩化コリン、 炭酸カルシウム、 ビタミンE、 鉄、 ビタミンA、 亜鉛、 ナイアシン、 葉酸、 チアミン、 ビタミンB6、 マンガン、 ビタミンK群、 ヨウ素 )

4D 香料
粗悪成分 着色料
危険成分 保存料
やや危険成分 酸化防止剤
粗タンパク質 22%以上 粗灰分 9%以下
粗脂肪 5%以上 水分 10%以下
粗繊維 4%以下 代謝カロリー 330kcal/100g

鹿肉(ベニソン)

ホルモン剤、成長促進剤、抗生物質といった薬品を使用していないオーストラリアの鹿肉を使用しています。鹿肉は低脂肪・低カロリーで、カルシウム、鉄、ビタミンB1、B2を豊富に含んでいます。

サツマイモ

サツマイモは、ビタミンCや食物繊維、カリウムなどを豊富に含んでいます。白米よりも低カロリーで、低GI値食品なので血糖値の上昇も緩やかです。

編集部からのひとこと

クプレラ「プレミアム・ベニソン」の原材料などを確認したところ、危険な添加物や副産物などが含まれていない良好なドッグフードであることが分かりました。

原料はすべてヒューマングレイドで、家畜の飼料や作物にも抗生物質などが使用されていません。グルテンも含まれていないので、グルテンアレルギーの心配もないのが嬉しいですね。

原材料もとてもシンプルですから、食物アレルギー対策にも向いています。ローテーションの1つに加えてみるのもいいかもしれません。

ただ当サイトが気になったのは、クプレラはタンパク質や脂肪が低い製品が多いということ。このような食事を必要とする犬には向いていますが、活動犬や運動量が多い犬には物足りないので注意しましょう。

気になる場合は他の食材を加えてコントロールしたり(カロリー過多にならないよう注意)、ホリスティックグレインフリーを検討されてみるといいかもしれません。

それと、クプレラは保存料などを使わない代わりに三層構造のパッケージを使用しているんですね。些細なことですが、このような工夫も素晴らしいなと感じました。

クプレラドッグフードの口コミや評判ってどうなの?

実際にクプレラを愛犬に与えている飼い主さんたちの反応はどうなのでしょうか?口コミや評判をまとてみました!

クプレラドッグフードの良い口コミ

ヨークシャー・テリア7歳 / メス
5.0
我が家では手作り食を与えていますが、それだけでは栄養が偏るのでこちらのセミベジタリアンを一緒に混ぜて食べさせています。低タンパク・低カロリー・低脂質なので、普段の手作り食も混ぜやすいです。本人もとても美味しそうに食べてます。
柴犬8歳 / メス
4.5
愛犬の皮膚に湿疹ができてしまい、獣医師に相談ところ無添加でグレインフリーのドッグフードを薦められました。とりあえずこちらの商品を選んで与え続けたところ、今はすっかり湿疹や痒みが治まるほどに!どうやら愛犬は穀物や添加物がダメだったようです。
ビーグル5歳 / メス
5.0
うちのビーグルは鶏肉全般にアレルギーがあるようで、ラム肉か鹿肉のドッグフードを探していた時にクプレラを知りました。お値段はちょっと張りますが、お陰様で今のところアレルギー反応が出ていません。ラムも試したいのですが、穀物が入っているので躊躇ってます。

クプレラドッグフードの悪い口コミ

シーズー11歳 / オス
2.0
安心して食べさせられるドッグフードを探していたところ、クプレラに出会いました。無添加でグレインフリーというところが気に入ったのですが、これを食べ始めたからうんちの量が増えました。消化されにくい原料が入っているのでは?とちょっと気になってます。
トイ・プードル6歳 / オス
2.0
クプレラのベニソンを与えていましたが、半年たった頃からアレルギーが出るようになってしまいました。初めはなんともなかっただけにショックです。やっぱり鹿肉でもアレルギーが出る時は出るんですね。とりあえずチキンに切り替え、様子をみているところです。
コーギー9歳 / メス
1.0
う~ん、なんかすごく食べにくそうにしていて可哀想でした。いきなり買わず、まずはサンプルで試してみて良かったです。うんちの状態などは安定していて問題ないのですが、食べにくそうなのでもうリピはないかな。

クプレラドッグフードの口コミ・評判まとめ

クプレラの口コミを調査したところ、アレルギー対策や手作り食のベースに活用している飼い主さんが多くいることが分かりました!

まず鹿肉を使ったドッグフード自体が少ないので、食肉アレルギーで悩んでいる犬にはクプレラのプレミアム・ベニソンが選ばれやすい傾向にあるようです。グレイン・グルテンフリーという点も人気の理由でしょう。

ただ、クプレラを食べて「うんちの量が増えた」という口コミも目立ちましたね。これはもしかしたら、クプレラに含まれている食物繊維が原因かもしれません。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

どこでクプレラを買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入 3,220円(700g)
5,520円(1.5kg)
17,680円(6kg)
通常購入 1,242円(200g)
3,259円(700g)
5,499円(1.5kg)
14,509円(6kg)
3,220円(700g)
5,520円(1.5kg)
17,680円(6kg)
送料 2,000円以上は無料 店舗により異なる

クプレラドッグフードは正規販売店での購入が安心安全!

クプレラは公式サイトから直接購入できないのですが、正規販売店の「クプレラ・プレミアム・ペットフード」なら購入することができます。あとはAmazonと楽天からも購入可能です。

ただしAmazonや楽天で購入する場合、並行輸入品や偽物品に注意しましょう。あまりにも激安なものは並行輸入品の可能性があります。

もしも買うなら、楽天の「ソフィア」というペットの健康食品を取り扱うお店が一番安全だと思います。ここはクプレラ製品の卸を行っている数少ない営業所になるそうです。

クプレラドッグフードと当サイト一押しのモグワンで比較!

人気商品モグワンとクプレラにはどのような違いがあるのか、「内容量」「価格」「メイン食材」「穀物類」「添加物」などを比較してみました!ここでも「プレミアム・ベニソン」を比較しています。

項目 モグワン クプレラ
内容量 1.8kg 1.5kg
価格 3,564円 5,520円
100gあたりの価格 198円 368円
メイン食材 チキン&サーモン 鹿肉・サツマイモ・タピオカ
穀物 グレインフリー グレインフリー
添加物 無添加 無添加
当サイト評価 Sランク Bランク
※モグワンは定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

クプレラ「プレミアム・ベニソン」とモグワンですが、まず主要タンパク源が異なります。なので、当サイトでは「こっちがおすすめ!」と言い切ることはできません。

もしもこれまでに鶏肉でアレルギー反応が出たことがある場合は、ぜひ鹿肉を主要タンパク源としているクプレラを試してみるといいでしょう。クプレラは他にも魚のフードもありますから、ローテーションに加えてみるといいかもしれません。

ただし、クプレラはモグワンよりも低タンパク・低脂肪です。それに対し、モグワンは総量の53%にチキンとサーモンを使用しているため、クプレラよりもしっかり動物性タンパク質を補える特徴があります。

この辺りは愛犬との相性もあるでしょうから、最終的にはそこは愛犬の体質や健康状態、ライフスタイルなどとよく相談した上で決めるようにしましょう。

クプレラドッグフードは犬の涙やけにもいいの?

もしも食事が原因で起きている涙やけであれば、クプレラを食べ続けることで涙やけが起きにくい体質へと改善させることは可能かもしれません。

その理由は、クプレラが消化吸収の良い原料で作られており、化学物質や副産物といった粗悪な成分が使われていないからです。

犬は人間と違って、消化吸収しにくい食べ物が数え切れないほどあります。代表的なもので言えばトウモロコシや小麦などの穀物類、人工添加物、粗悪なタンパク質など。

こういったものは犬の体の中でうまく消化吸収されず、摂取する量が多ければ多いほど体内に取り残されて血液に混ざりやすくなってしまいます。すると皮膚に湿疹や痒みが出てくるようになったり、犬種によっては涙やけなどを引き起こす原因となります。

その点クプレラは犬の消化器に負担となるような成分が入っていませんから、涙やけ対策にも向いているドッグフードと言えるでしょう。

ただし遺伝性のものや鼻涙管の異常による涙やけは、食事を変えたところで根本的には改善されんぞ。必ず動物病院で検査を受け、その上で適切な対策をすることじゃ。

クプレラドッグフードの種類と特徴について

クプレラのドッグフードは全部で10種類あります。使い分けがいまいち分からない人も多いと思うので、それぞれの特徴を簡単にまとめてみました!

クプレラエクストリーム

商品名 特徴
プレミアム・ベニソン 全年齢対応。鹿肉を主原料としたグレインフリーのドッグフード。鶏肉が苦手な犬におすすめ。
プレミアム・チキン 全年齢対応。鶏肉を主原料としたグレインフリーのドッグフード。

クプレラ

商品名 特徴
ホリスティックグレインフリー 全年齢対応。3種の魚を主原料としたグレインフリーの総合栄養食。保証成分値はクプレラエクストリームよりも高め。
ベニソン&スイートポテト・ドッグフード 成犬~老犬対応。鹿の肉とサツマイモ、燕麦を主原料としている。
ベニソン&スイートポテト・パピードッグフード 幼犬・妊婦犬・授乳犬・活動犬対応。鹿の肉とサツマイモ、燕麦を主原料としている。

クプレラクラシック

商品名 特徴
セミベジタリアン・ドッグ 健康な成犬・ダイエット犬・高齢犬対応。燕麦と3種の魚を主原料とし、クプレラの中で一番低タンパクなドッグフードになっている。
ラム&ミレット・レギュラー 中・大型犬の成犬~老犬対応。ラム肉と2種の穀物(黍と玄米)を主原料としている。
ラム&ミレット・スモール 小型犬の成犬~老犬対応。ラム肉と2種の穀物(黍と玄米)を主原料としている。

クプレラドッグフードのQ&A

クプレラドッグフードにはなぜ酸化防止剤が入ってないの?

クプレラは、アルミシートを樹脂でサンドした三層構造のパッケージが使用されています。さらに脱酸素剤と二酸化炭素を放出する素材も中に入っているため、酸化防止剤が入っていなくても酸化しにくい仕組みになっているようです。

クプレラドッグフードにはお試しサンプル(試供品)ってあるの?

現在、クプレラにはお試しサンプルの販売等はないようです。

クプレラドッグフードの正規品取扱店や販売店は他にあるの?

クプレラの正規品販売店はいくつかあるのですが、品揃えや評判がいい店舗は以下の5店舗です。

  • クプレラ・プレミアム・ペットフード
  • わんにゃんキッチン
  • A&ME
  • わんのはな
  • ソフィア

置かれている種類や地域は限られていますが、イオンペットなどでも取り扱いがあるようです。

クプレラドッグフードの基本情報

ドッグフードの形状 ドライフード
内容量 200g、700g、1.5kg、6kg
※プレミアム・ベニソンの場合
初回購入価格
定期購入価格 3,220円(700g)
5,520円(1.5kg)
17,680円(6kg)
※楽天参考価格
通常価格 3,220円(700g)
5,520円(1.5kg)
17,680円(6kg)
※楽天参考価格
100gあたり価格 368円
販売会社 株式会社LINNA商会
公式サイト http://www.cupurera.com/
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で158商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全158商品】ドッグフードの総合ランキングを見る