158商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

ブルードッグフードを愛犬に買った私の口コミ評判!安全性や評価は?

新しく日本で販売されることになったブルーバッファロー社のブルードッグフード。日本から撤退してしまった「ブルー ウィルダネス」の代わりとして、今新たに「ブルー」が注目を集めています。そんなブルーの安全性や口コミ評判などを徹底的に分析していきます!

項目 詳細
商品ランク Bランク
※S~Eランクは【全158商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
主原料 4.0
グレインフリー 4.0
無添加 5.0
安全性 4.0
コスパ 4.0
内容量 900g、2kg、6kg
※成犬用 チキン&玄米の場合
価格 1,983円(900g)
3,445円(2kg)
9,296(6kg)
※Amazon参考価格
100gあたり価格 172円
対応年齢 全年齢対応
原産国 アメリカ
編集部からの評価

ブルーは、当サイトでBランクのドッグフードです。危険な添加物や粗悪な原料はこれといって使われていないため、市販品の中でも比較的良好なドッグフードであることが分かりました。ただ、ブルーに使われている原料のグレードがよく分かりません。「高品質」はあくまでもメーカー独自の基準なので、どういった素材を使用しているのか明確だと尚良かったのになと感じます。

実際にブルードッグフードを購入してみました!

それでは早速、ブルーについてレビューしていきたいと思います!今回購入したのは、ライフプロテクションフォーミュラの「成犬用 チキン&玄米」の900g。

この他にも「ラム&玄米レシピ」があり、さらに小型犬用、大型犬用、体重管理用、別のラインナップでは療法食などがあるようですね。

まずはパッケージ裏のチェックを。ブルーの特徴や、ブルーに新しく配合された「ライフソースビッツ」について詳しく書かれています。

原材料や保証成分値はパッケージ脇に書かれているので、この後に解説する「原材料と安全性の分析」でお見せしますね。

それでは次に、袋を開封していきましょう!

残念ながら、ブルーのこのサイズ(900g)にはジッパーが付いていませんでした。なので、開封後はしっかとり封を閉じて保管する必要がありますね。

そして粒はこんな感じ。結構大きめな三角形です。ニオイは全然癖がなくて、例えるならスナック菓子のような香りがほんのりとします。

大きさが分かりやすいように、我が家ではいつも食べさせているモグワンの粒と比較してみました。ブルーはネルソンズの粒とよく似ていますね。

ちなみに右上にある黒っぽい小さな粒は、ブルーに新しく配合された「ライフソースビッツ」です。異物ではないので誤解しないように(笑)

それでは次に、ブルーの原材料と安全性を徹底分析していきましょう!

ブルードッグフードの原材料と安全性を徹底分析!

次に、ブルーの原材料と安全性について分析していきたいと思います!ここでも、ライフプロテクション・フォーミュラの「成犬用 チキン&玄米」に注目してみました。

そして当サイトの基準で、危険なものは赤危険じゃないけど気になるものは緑で表示しています。

骨抜き鶏肉、チキンミール、玄米、大麦、オートミール、鶏脂 (混合トコフェロールにて酸化防止)、トマトポマス、エンドウマメ、亜麻仁 (オメガ-3脂肪酸およびオメガ-6脂肪酸源)、チキンエキス、馬鈴薯、アルファルファミール、馬鈴薯でんぷん、乾燥チコリ根、サツマイモ、人参、ガーリック、ユッカ抽出物、パセリ、ケルプ、ブルーベリー、クランベリー、リンゴ、ほうれん草、ブラックベリー、ザクロ、カボチャ、大麦若葉、ターメリック、グルコサミン塩酸塩、乾燥酵母、乾燥エンテロコッカス・フェシウム発酵産物、乾燥ラクトバチルス・アシドフィルス発酵産物、乾燥黒麹菌発酵産物、乾燥トリコデルマ・ロンギブラキアタム発酵産物、乾燥バチルス・サブチルス発酵産物、アミノ酸類 (DL-メチオニン、L-リジン、タウリン、L-カルニチン) 、ミネラル類 (炭酸カルシウム、塩化ナトリウム、塩化カリウム、硫酸第一鉄、鉄アミノ酸キレート、亜鉛アミノ酸キレート、硫酸亜鉛、硫酸銅、銅アミノ酸キレート、硫酸マンガン、マンガンアミノ酸キレート、ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム) 、ビタミン類 (塩化コリン、E、L-アスコルビン酸-2-ポリリン酸、ニコチン酸、パントテン酸カルシウム、ビオチン、A、B1、B2、D3、B12、B6、ベータカロテン、葉酸) 、カラメル色素、酸化防止剤 (混合トコフェロール、ローズマリー抽出物)
4D 香料
粗悪成分 着色料
危険成分 保存料
やや危険成分 酸化防止剤 混合トコフェロール・ローズマリー抽出物
タンパク質 24.0%以上 灰分 7.0%以下
脂質 14.0%以上 オメガ6脂肪酸 3.0%以上
粗繊維 5.0%以下 オメガ3脂肪酸 0.5%以上
水分 10.0%以下 代謝エネルギー 363kcal/100g

骨抜き鶏肉

鶏肉はアミノ酸のバランスが良く、犬の健康を維持するために必要なタンパク質を豊富に含んでいます。また消化吸収が良いので、胃腸に負担をかけることも少ないのが特徴です。

チキンミール

ブルーで使われているチキンミールは安全性が高いもので、公式サイトでも「鶏肉や家禽の正肉から作ったチキンミール」ときちんと公表されています。

編集部からのひとこと

ブルーは、人工添加物や粗悪な原料はとくに使われていません。チキンミールも正肉で作られたミールと説明があり、食材の栄養素を生かすために低温加工を採用した良好なドッグフードであることが分かりました。

穀物に関しては、消化の良い低アレルゲン穀物なので心配はいらないでしょう。しかし念のため、穀物アレルギーの犬には注意するようにして下さいね。

ちなみに当サイトが気になったのは、ブルーに使われている原料のグレードが分からないことです。しかも、ビタミンやミネラルの添加が異様に多い点が引っかかりました。

これだけ添加物が多いと、もしかしたら素材の新鮮さに欠けるのかな?と感じるのが正直なところです。せっかくコードプロセスを使用しているのに、なんだかちょっぴり台無し感があります。

当サイトがブルーで気になったのはそれくらいで、あとは騒ぐほどヤバイ何かがあるわけでもありませんでした。市販品の中でも、比較的良好な中身のドッグフードと言えるでしょう。

ブルードッグフードの口コミや評判ってどうなの?

実際に、ブルードッグフードを愛犬に食べさせている飼い主さんの評判はどうなのでしょうか?口コミをまとめてみました!

ブルードッグフードの良い口コミ

トイ・プードル6歳 / メス
4.5
お試し用として900gを購入しました。うちの子の場合は食いつきも良く、お腹を壊すこともありませんでした。しばらく続けてみようと思います。
ミックス犬9歳 / メス
5.0
ブルーは食いつきがよく、しっかり完食してくれます。お腹が緩くなったり飽きたりすることもありません。
ミニチュア・ダックスフンド7歳 / オス
4.0
ブルーにしたら嘔吐することがなくなりました。このフードはみんなが絶賛しているとおり、かなり良いフードだと思います。値段がもう少しだけ安かったら最高。

ブルードッグフードの悪い口コミ

雑種犬4歳 / オス
2.0
どのくらい原材料にこだわっているのか分からない。他社のドッグフードと何が違うのか?この辺りの説明がもっと欲しいところ。
チワワ8歳 / オス
2.0
ジップ式じゃないから不便です。食いつきはいたって普通。3日目から食べなくなってしまいました。
ペキニーズ6歳 / メス
1.0
この子にいいフードをと思いブルーを検索したところ、あまりにも良い口コミしか並んでいなくて逆に怖くなりました。何かとリコールも多い商品だし、いつ廃盤になってもおかしくなさそう…。

ブルードッグフードの口コミ・評判まとめ

ブルーの口コミ調査をしていて本当にびっくりしたのですが、Amazonも楽天も良い口コミしかありません!ほんの一部、賞味期限について言及した口コミがあったくらいです。

これにはちょっと疑問に感じたのでよく見たところ、なぜか2018年1月頃に口コミが集中していたことが分かりました。しかもみんな星4つ以上!もしかしたらさくらがレビューしている可能性があります。

実際に覗いてみると分かるのですが、ブルーのどの商品を見てもそうです。これではブルーの良いところ・悪いところをちゃんと知りたい飼い主さんにとっては少々迷惑ですね…。

リアルな口コミを見つけ次第、どんどん加筆修正していきたいと思います。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

どこでブルーを買うのがもっとも安いのか?ここでも「成犬用・(超)小型犬」を元に、公式サイトや大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入 1,983円(900g)
3,445円(2kg)
9,296円(6kg)
1,880円(900g)
3,445円(2kg)
7,861円(6kg)
送料 2,000円以上で無料 店舗により異なる

ブルードッグフードの購入はAmazonか楽天で!

公式サイトを含めた3サイトを比較したところ、ブルーを購入できるのはAmazonと楽天であることが分かりました。ちなみに価格はAmazonも楽天もほぼ同じでした。

ブルードッグフード正規品・対象製品のみ返金保証が受けられる!

もしも愛犬がブルーを食べなかった場合、もしくは体質に合わなかった場合、ブルーの正規品・対象商品であれば「食べなかったら100%満足保証」という返金保証が受けられます。ただし受けられるのは、初回購入1袋のみです。

「食べなかったら100%満足保証」を受けるための方法
  1. 専用の返金ハガキを手元に用意する(BLUE取扱店や動物病院で入手可)。
  2. お買い上げレシート(原本)と製品バーコードをハガキに貼付。
  3. ブルーギャランティー事務局まで送る。

ちなみに返金対象となる犬用製品は、「800g」「900g」「1㎏(成犬大型犬用のみ2kg)」のドッグフードです。

ブルードッグフードと当サイト一押しのモグワンで比較!

人気商品モグワンとブルーにはどのような違いがあるのか、「内容量」「価格」「メイン食材」「穀物類」「添加物」などを比較してみました!

項目 モグワン ブルー
内容量 1.8kg 2kg
価格 3,564円 3,445円
100gあたりの価格 198円 172円
メイン食材 チキン&サーモン53% 骨抜き鶏肉・チキンミール
穀物 グレインフリー 玄米、大麦、オートミール
添加物 無添加 無添加
当サイト評価 Sランク Bランク
※モグワンは定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

ブルーとモグワンですが、どちらも粗悪な原料を使わない良好なドッグフードです。ただ、原料の品質に違いが見られるため、ここでは品質にフォーカスして比較してみたいと思います。

まず、ブルーは「高品質」の原料を使っていると宣言しているだけで細かい情報はとくにありません。その高品質はどういった基準の高品質なのか?ちょっとこの辺りが大雑把すぎるので、品質にこだわる人には物足りなさを感じます。

それに対しモグワンは、すべての原料がヒューマングレードです。つまり、私たち人間も安心して試食することのできる内容となっています。

もちろんヒューマングレイドだからいいというわけではないのですが、「高品質」の基準はメーカーによって異なるため、おおよそのグレードが分かっていた方がやはり安心です。

ただ、ブルーもブルーで良いところはたくさんあります。最終的には、愛犬の健康状態やライフスタイルとよく相談した上で、どちらが適しているか決められると良いでしょう。

ただし好みや体質との相性もあるので、最終的には愛犬が楽しい気持ちで食べてくれるドッグフードを選ぶようにしましょう。

ブルードッグフードはアレルギー対策にも有効なの?

ブルーには、アレルゲンとなりやすい人工添加物や副産物が入っていません。また主要タンパク源であるチキンは良質なお肉で、抗酸化作用の高い野菜や果物も豊富に含まれています。

このことから、ブルーは犬の消化器に負担をかけるようなドッグフードではないことが分かります。また、サビにくい健康的な体づくりも同時に期待できるでしょう。

実は消化に良い食事はアレルギーのリスクをグッと下げてくれる効果があるため、ブルーもアレルギーに優しいドッグフードの1つと言えます。ただし穀物が3種類使われているため、穀物アレルギーの犬には注意しましょう。

ブルードッグフードの療法食の種類や特徴は?

ブルーには「BLUE Natural Veterinary Diet」という療法食もあり、目的別に4商品取り揃えられています。ペットショップ等での取り扱いはありません。

商品名 特徴
GI 消化器サポート 消化性に優れたタンパク質、炭水化物、脂肪を使用しています。消化器疾患の治療にも適したフードです。
HF 食物アレルギーに対する加水分解フード 穀物不使用で、主要タンパク源に消化の良い加水分解サーモンを使用しています。
WU 体重&尿路ケア・サポート 犬の肥満や下部尿路疾患に配慮したフード。脂肪とカロリーの含有量、そして食物繊維やミネラル成分の量も調整されています。穀物は使われていません。
KS 腎臓サポート 犬の腎臓病に配慮し、適切な量のタンパク質とカルシウム、リン、ナトリウムを含んでいます。穀物は使われていません。

これらの療法食を利用する際は、必ず獣医師に相談した上で愛犬に食べさせるようにしましょう。

ブルードッグフードのQ&A

ブルードッグフードに混ざっている焦げ茶の粒は何?

ブルーのフードに混ざっているこげ茶の粒は、ブルーバッファローが独自に開発した「ライフソースTMビッツ」と呼ばれる粒です。米国の獣医師と動物栄養士が選んだ抗酸化栄養素、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれており、例えるならサプリメントのような存在の粒といった感じでしょう。

ブルードッグフードの正規品販売店はどこにあるの?

ブルー製品の取扱店は公式サイトで確認できます。

ブルードッグフードの基本情報

ドッグフードの形状 ドライフード
内容量 900g、2kg、6kg
※成犬用 チキン&玄米の場合
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 1,983円(900g)
3,445円(2kg)
9,296円(6kg)
※Amazon参考価格
100gあたり価格 172円
販売会社 ブルーバッファロー・ジャパン株式会社
公式サイト https://bluebuffalo.com/ja/
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で158商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全158商品】ドッグフードの総合ランキングを見る