158商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

アボダームドッグフードを購入した私の口コミ評判!安全性や評価は?

アボダームは、約30年の歴史を持つアメリカの人気ドッグフードです。そんなアボダームの安全性や口コミ評判は実際のところどうなのでしょうか?徹底的に分析していきます!

項目 詳細
商品ランク Cランク
※S~Eランクは【全158商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
主原料 4.0
グレインフリー 3.5
無添加 4.5
安全性 4.0
コスパ 4.5
内容量 800g、2.4kg、5.6kg、12.0kg
※オリジナルビーフの場合
価格 1,128円(800g)
2,613円(2.4kg)
4,380円(5.6kg)
7,900円(12.0kg)
※楽天参考価格
100gあたり価格 109円
対応年齢 全年齢対応
原産国 アメリカ
編集部からの評価

アボダームは、当サイトでCランクのドッグフードです。危険な添加物や副産物などはとくに含まれておらず、第1主原料にもちゃんとお肉を使う良好なドッグフードであることが分かりました。使用しているアボカドに関して酷く心配する必要はないと思いますが、どんな品種をどのように使っているのかもっと詳細があると良いですね。でもアボダームの内容は全体的に良好なので、決して悪くないドッグフードと言えます。

実際にアボ―ダームドッグフードを購入してみました!

それでは早速アボダームの中身をレビューしていきたいと思います!今回購入したのは「スモールブリードアダルト」の800g。小型犬用のアボダームを買ってみました!

ちなみにこのあと解説する「原材料と安全性」では、人気の高い「オリジナルビーフ」の中身について徹底分析しています。

まずはパッケージ裏のチェックを。この商品の特徴がサラッと書いてあって、その下には小型犬に適したアボダームドッグフード3点の原材料や保証成分値が載っています。

一番上がこの「スモールブリードアダルト」、その次が「スモールブリード ラム」、最後は「スモールブリード シニア」です。3商品をこうやって比較できるっていいですね~。

そしてパッケージ横には、アボカドを使う目的やアボカドの安全性について書かれています。この部分も後ほどじっくり解説しますよ~。

それでは次に、袋を開封していきましょう!

アボダームにはちゃんとジッパーが付いています。これなら保存しやすいので安心ですね!

そして粒やフードのニオイはというと…

まずニオイですが、ほのかに玄米の香りがします。主原料のチキンよりも穀物の香りの方が強く出ていて、臭いと感じることは全くありません!

粒は三角形で、ドッグフードにしては珍しい形。小粒なので噛みにくくはなさそうですが、尖った部分があると丸呑みした時に食道を傷つけないか少し心配です…。

分かりやすいように、我が家でいつも食べさせているモグワンの粒と比較してみました。大きさはほぼ一緒ですね。

噛みやすさはドーナッツ型になっているモグワンですが、噛むことが大好きな犬ならアボダームのような粒でもいいかもしれません。中型犬でも問題なく食べれそうな形と大きさです。

それでは次に、アボダームの原材料と安全性を分析していきましょう!

アボダームドッグフードの原材料と安全性を徹底分析!

次に、アボダームの原材料と安全性について分析していきたいと思います!ここでは人気の高い「オリジナルビーフ」に注目してみました!

そして当サイトの基準で、危険なものは赤危険じゃないけど気になるものは緑で表示しています。

乾燥ビーフ、玄米、白米、オートミール、亜麻仁、乾燥アボカド果肉、トマト繊維、鶏脂肪、ナチュラルフレーバー、塩化カリウム、塩、海藻、ビタミン(塩化コリン、ビタミンE、ビタミンC、ビオチン、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンB12、ビタミンB6、ビタミンD3、葉酸)、ミネラル(硫酸亜鉛、硫酸鉄、鉄アミノ酸キレート、亜鉛アミノ酸キレート、セレニウム酵母、銅アミノ酸キレート、硫酸銅、硫酸マンガン、マンガンアミノ酸キレート、ヨウ素酸カルシウム)、乾燥ニシン、アボカドオイル、ローズマリーエキス、セージエキス、パイナップル、ラクトバチルス・アシドフィルス、ラクトバチルス・カゼイ、ビフィドバクテリウム・サーモフィラム、エンテロコッカス・フェシウム

4D 香料
粗悪成分 着色料
危険成分 保存料
やや危険成分 酸化防止剤 ビタミンE
粗タンパク質 21%以上 水分 10%以下
粗脂肪 11%以上 粗灰分 7.0%以下
粗繊維 4%以下 代謝エネルギー 332kcal/100g

乾燥ビーフ

牛肉は高タンパク・高脂質で、他の肉よりもややカロリーが高めです。亜鉛や鉄分、ビタミンB12を豊富に含んでいます。

乾燥アボカド果肉

アボカドは、ビタミンやミネラルをはじめとする栄養素がとても豊富です。しかし犬にとってアボカドは食べてはいけない食材の1つであるため、この辺りは後ほど詳しく解説します。

ナチュラルフレーバー

ナチュラルフレーバーと書かれているので、恐らく嗜好性を高めるための「何か」だと思われます。しかしこの「何か」については、どこにも詳細が書かれていませんでした。

編集部からのひとこと

アボダームの原材料をを調査したところ、これといって危険な添加物や粗悪な原料が含まれていない良好なドッグフードであることが分かりました。

メインにちゃんとお肉を使ったり、穀物には消化の良いものを厳選したりと、ちゃんと犬の消化面や健康のことを考えて作られていることがよく分かります。

しかしこのラインナップを見ると、お肉よりも穀物の量の方が多いのでは?という印象は受けますね。お肉が全体の何%含まれているか分からないため、もしかしたら植物性タンパク質の割合の方が大きい可能性もあります。

それと、当サイトで気になったのはナチュラルフレーバーの使用。これはつまり天然の香料なのですが、何を使っているのか情報がないのはいただけないなと感じました。

そしてもっとも気になるのが、アボカドの使用ですね。これについてはここで解説しきれないので、後ほどじっくりと説明していきたいと思います。

アボダームは、全体的にとても良好なドッグフードです。ラインナップも結構豊富なので、アボダーム内でローテーションしやすいのも魅力なのではないでしょうか。

アボダームドッグフードの口コミや評判ってどうなの?

実際に、アボダームを愛犬に食べさせている飼い主さんの評判はどうなのでしょうか?口コミをまとめてみました!

アボダームドッグフードの良い口コミ

チワワ6歳 / オス
5.0
アボダームのラム&ライスを購入。すごく食いつきがいいです!規定の給与量では物足りないようで、食べ終わると毎回催促してきます。うちの子は涙やけがひどいのですが、アボダームで治れば続けていこうと思います。
フレンチ・ブルドッグ9歳 / オス
4.5
他の商品と比べて食い付きがいいです。それと毛艶が良くなり、うんちの臭いも気にならなくなりました。もともと食糞グセがあった子なのでが、アボダームにしてから食糞することがなくなって助かってます。
ゴールデン・レトリバー8歳 / メス
4.5
アボダームにしてから毛艶が良くなり、涙やけも目立ちにくくなりました。これまでオリジナルチキンを食べさせていましたが、年齢のことも考えてライトへの切り替え中です。他のドッグフードに切り替える予定は今のところありません。

アボダームドッグフードの悪い口コミ

トイ・プードル11歳 / メス
2.0
こちらのシニアを購入。食いつきもいいのですが、食べて数時間後に吐くことが多いです。恐らく、丸呑みしてしまうことでうまく消化できないのでしょう。とりあえず粒を割って食べさせていますが、シニア犬用にも小粒があると助かります。
ミニチュア・ダックスフンド6歳 / メス
2.0
いい商品だとは思いますが、涙やけに対して効果を感じません。これなら以前まで食べさせていたドッグフードの方が良かったかも。
ジャック・ラッセル・テリア9歳 / オス
3.0
シニア犬用にもぜひ小粒を出して頂きたいです。好んで食べてくれるのですが、粒が大きくて食べづらいようです。

アボダームドッグフードの口コミ・評判まとめ

アボダームの口コミは全体的にとても良かったです。「毛並み・毛艶が良くなった」といった声や「涙やけ・便臭が改善された」という声が多いように感じました!

ただ気になるのが、粒の大きさです。アボダームはクラッシュタイプの粒で比較的噛みやすい粒なのですが、種類によっては中粒しかなかったりするのが残念ですね。

それに対してマイナス評価をしている人も実際に多かったですし、とくにシニアの小型犬にとってはアボダームの「シニア」も「ライト」も食べづらい傾向にあるようです。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

どこでアボダームを買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入 1,152円(800g)
2,570円(2.4kg)
4,760円(5.6kg)
8,299円(12.0kg)
1,128円(800g)
2,613円(2.4kg)
4,380円(5.6kg)
7,900円(12.0kg)
送料 2,000円以上は無料 店舗により異なる

アボダームドッグフードの値段が格安なのは楽天!

公式サイト、Amazon、楽天の3サイトを比較したところ、アボダームの価格がもっとも安いのは楽天であることが分かりました。ちなみに、公式サイトでの販売は行われていません。

Amazonも楽天も並行輸入品に注意!

あと1つ注意しておきたいことがありまして、それは正規品ではなく並行輸入品を販売している店舗も紛れている可能性があるということです。

並行輸入品だと賞味期限切れやパッケージの破損が当たり前のようにあるほか、中身がカビてしまっていることもよくあります。できるだけ失敗を避けるためにも、必ず「正規品」を取り扱っている店舗で購入するようにしましょう。

アボダームと当サイト一押しのモグワンで比較!

人気商品モグワンとアボダーム「オリジナルビーフ」にはどのような違いがあるのか、「内容量」「価格」「メイン食材」「穀物類」「添加物」などを比較してみました!

項目 モグワン アボダーム「オリジナルビーフ」
内容量 1.8kg 2.4kg
価格 3,564円 2,613円
100gあたりの価格 198円 109円
メイン食材 チキン&サーモン53% 乾燥ビーフ
穀物 グレインフリー 玄米・白米・オートミール
添加物 無添加 無添加
当サイト評価 Sランク Cランク
※モグワンは定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

モグワンとアボダームの違いですが、まず穀物の有無が大きな違いだなと感じました。

モグワンは炭水化物源に低GI値のサツマイモを使用しているのに対し、アボダームは玄米や白米など数種類の穀物を使っています。

犬にとって穀物が絶対にダメではないのですが、第2・3主原料に使われているとなるとちょっと考えもの。お肉の含有量が分からないこそ、穀物の含有量にやや不安が残ります。

あと、アボダームはナチュラルフレーバーなど本来必要のない原料を使っているのに対し、モグワンはそういった原料が含まれていません。この違いも結構大きいかなと感じます。

それと品質。モグワンはヒューマングレイドの原料を使用していますが、アボダームは原料のグレードについて詳細がありません。

アボダームも決して悪くないドッグフードなのですが、品質にちゃんとこだわりたい人には、多少高くてもモグワンのようなドッグフードの方がいいのかなと当サイトは感じます。

アボダームドッグフードに使われているアボカドは本当に安全なの?

さて、アボダームで最も気になるのがアボカドの使用ですよね。本来アボカドは犬に食べさせてはいけない食材としても有名なので、なぜドッグフードに入っているの?と不安を感じる人も少なくないでしょう。

そこで、アボダームに使われているアボカドについて分かりやすくまとめてみました!

アボダームによるアボカド中毒の報告はない

米国Breeder’s choice社(アボダームの製造元)のホームページによると、アボダームを約30年強販売し続けていて、これまでにアボカド中毒の報告は一度も確認されていないとのことだそうです。

アボダームに使われているアボカドは、安全な果肉部とオイルのみを使用していると述べています。つまり、犬が食べても安全なアボカドを使用していると捉えていいでしょう。

アボダームのアボカドは毒性が低い!?

アボカドには「ペルシン」という殺菌作用のある毒素が含まれています。これは人間にとっては無害なのですが、犬にとっては有害です。

しかしこのペルシン、アボカドの種類によって含有量がかなり少ないことが分かっています。

日本で一般的に販売されているアボカド(グアテマラ系、品種:ハス)は、ペルシンの含有量が多いので犬が食べると中毒症状を起こします。でもアメリカで一般的に流通しているアボカドは、恐らくこのペルシンの含有量が少ない品種なんだろうと言われています。

なので「アボダームは安全」「アボダームに使っているアボカドは安全」と発表できるのだと思われます。

100%安全とは言い切れないのが現状

とはいえ、実際にはどんな品種のアボカドが使われているのか分かりません。本当に毒性がないのかも、その証明が私たち消費者に見えないので何とも言えないのが正直なところです。

これまで中毒症状の報告がなかったと製造元はいいますが、軽い下痢や嘔吐、食欲不振だったら誰もアボダームが原因だとは思わないですからね。

当サイトではアボダームを否定するつもりはありませんが、アボカドの安全性が確認できるまでは敢えておすすめしません。同じ価格帯でもっと安全なドッグフードが買えますよ。

アボダームドッグフードで犬の涙やけ対策はできるの?

アボダームは、涙やけにもいいドッグフードとしても知られています。実際に「アボダームで涙やけが良くなってきている」という口コミも何件かあったので、それなりに良い影響を与えてくれるドッグフードであることは間違いないのでしょう。

まず、アボダームには犬にとって消化の悪い原料が入っていません。以前は小麦やミートミールなども使われていたようですが、現在はそのような原料は使われていないので安心です。

このことから、今のアボダームは犬の消化器官に優しいドッグフードであることが分かります。すなわち、アボダームを食べても涙やけが起こりにくいと言えるのです。

食事が原因の涙やけは、消化しきれない原料や人工添加物、副産物が主な原因です。これらが含まれているドッグフードを避けるだけでも、涙やけ対策に期待できるかもしれません。

ただし涙やけは、必ずしも食事が原因とは限らないから要注意じゃ。症状が酷い場合は、必ず動物病院で診てもらおう!遺伝や鼻涙管の異常が原因の場合は、いくらドッグフードを変えても改善されんぞ。

アボダームドッグフードの選び方は?種類と特徴について

アボダームには全部で7種類のドッグフードがあります。目的別に分かれているので迷うことはあまりないと思いますが、念のためそれぞれの特徴をざっくりと見ておきましょう。

商品名 特徴
オリジナルビーフ
(小粒・中粒)
動物性タンパク源に乾燥ビーフを用いています。牛肉は犬にとってアレルゲンになりやすい肉でも有名なので、何かしらアレルギーを抱えている犬に与える際は注意が必要です。
オリジナルチキン オリジナルビーフのチキンバージョンです。動物性タンパク源に乾燥チキンを使っているので、牛肉が苦手な犬にも与えやすいフードになります。
パピー 子犬、もしくは妊娠・産後の母犬用で、タンパク源に乾燥チキン乾燥ニシンが使われています。
ラム&ライス タンパク源に乾燥ラム肉を用いています。ラム肉は他の肉よりも低アレルギーなので、牛肉やチキンがダメな犬にもおすすめです。
ライト 肥満気味の犬運動量が減り始めたシニア犬におすすめ。穀物がメインで全体的に繊維質が多いので、お腹が緩くなりやすい犬に当たる際はやや注意が必要です。
シニア その名のとおりシニア犬専用のフードです。シニア犬の健康維持に大切なコンドロイチンやグルコサミンが含まれています。タンパク源には乾燥チキンが使われています。
ジョイントヘルス 関節の健康維持に特化した成犬~シニア犬向けのフードです。他のアボダームよりも、コンドロイチンとグルコサミンが高濃度で配合されています。

アボダームドッグフードのQ&A

アボダームドッグフード正規品の取扱店や販売店はどこ?

アボダームの正規品はペットショップ、ペピィ、Amazonや楽天で購入することが可能です。ホームセンター等での販売はありませんが、ペット専門店が入っている場合はそこで購入することもできるようです。

アボダームドッグフードのお試しサンプルはある?

アボダームにはお試し用のサンプルがあるのですが、現在はどの通販サイトを見ても品切れとなっています。しばらくの間「入荷待ち」の状態となっているので、いつ入荷されるかは不明です。

アボダームドッグフードの基本情報

ドッグフードの形状 ドライフード(クラッシュタイプ)
内容量 800g、2.4kg、5.6kg、12.0kg
※オリジナルビーフの場合
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 1,128円(800g)
2,613円(2.4kg)
4,380円(5.6kg)
7,900円(12.0kg)
※楽天参考価格
100gあたり価格 109円
販売会社 株式会社Biペットランド
公式サイト http://www.bi-petland.co.jp/index.php
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で158商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全158商品】ドッグフードの総合ランキングを見る